エカテリーナちゃん無茶しやがって・・・ とある科学の超電磁砲S 第24話「Eternal Party」感想

とある科学の超電磁砲S 第24話_01

「ジャッジメントですの」

有冨ら『STUDY』による大規模テロ行為を阻止するため学究会会場へと集結する佐天と黒子や初春を初めとする風紀委員たち。

捕らわれている布束とジャーニーを救おうとする美琴が有冨達の本拠地を制圧するまで、風紀委員らは駆動鎧を学究会会場内に押しとどめようと連携した動きで翻弄する。

とある科学の超電磁砲S 第24話_02

一方の美琴も有冨達の本拠地をつきとめ潜入を果たすが、そこで待ち受けていた駆動鎧に行く手を阻まれてしまう。

二万体の駆動鎧を前に善戦する美琴たちにも徐々に疲労が見え始め、さらに大型の駆動鎧があらわれた事で窮地に追いやられてしまうが・・・。

とある科学の超電磁砲S 第24話_03
とある科学の超電磁砲S 第24話_04
とある科学の超電磁砲S 第24話_05

「あんた達の負けよ」
「貴様っ」
「早く全てを止めてジャーニーを解放して」

変形式大型汎用作業機械『エカテリーナ二世号改』の活躍により窮地を脱した学究会会場。
美琴の方も、有冨の本拠地に突如あらわれ暴れる麦野達の混乱に乗じて有冨らのもとまでたどり着く。

しかし、追い詰められた有冨達は最後の手段として残していた『学園都市の破壊』を実行してしまう。

とある科学の超電磁砲S 第24話_06
とある科学の超電磁砲S 第24話_07
とある科学の超電磁砲S 第24話_08

衛星軌道から発射された5000発の「フィラメント」が迫る中、美琴はそれを阻止する為に『空力使い』によってエカテリーナ二世号改を衛星軌道まで打ち上げ、超電磁砲により直接破壊を試みる・・・。

とある科学の超電磁砲S 第24話_09

事件が無事に解決し、平和を取り戻した学園都市。
フェブリとジャーニーの再調整の為に海外へと渡航する布束達を見送る四人。

別れを惜しみ寂しく思いながらも、一連の悲惨な事件が無事に終わりを告げた事を喜びながら空港を後にするのだった・・・。

雑魚相手にレールガン無双とか駆動鎧の大群を前に追い詰められる黒子達という手に汗握る展開を予想したが、大型汎用作業機械に敗北する程度のロボ軍団で学園都市を敵に回す浅はかな計画と、それを阻止しようとする軽装備の学生達という構図のせいで想像以上に盛り上がらずにしょぼさが滲み出る展開になってしまった。

美琴の方も万全だったはずがすぐに疲労してしまって追い詰められ、むしろ麦野の強さが強調される結果となってしまっていた。

佐天と初春の死亡フラグは回避でき、勢いがありテンポも良く何も考えなければ悪くはないが、物語としては主人公と仲間だけに絞ってもう少し熱く派手な活躍をさせて欲しかったところ

布束の救済エピソードとしては上手くまとまったオリジナル展開だったが、最後の最後に盛り上がりに欠けたのが残念。

全体としては2クール通して作画も良く、演出も良かったのでこの調子で3期もさらに頑張って欲しいと期待する。
スポンサーサイト

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第23話「革命未明(Silent Party)」感想

とある科学の超電磁砲S 第23話_01

「STUDY」の施設に潜入した所を「有冨 春樹」によって発見され、身体の自由を奪う薬を注射されてしまった美琴。
肉体の自由を奪われ、意識が朦朧とする中で美琴は有冨の口から能力の優劣のみに偏重する学園都市の在り方を否定し、自分達の実力を世間に認めさせるため、人工的に能力者を作り出すために研究してきたケミカロイド技術を用いて学究会で大規模テロを計画している事を聞かされる。

とある科学の超電磁砲S 第23話_02
とある科学の超電磁砲S 第23話_03

フェブリを助けようとしていた布束と共に拘束され、「STUDY」の用意した部屋に監禁されてしまった美琴。

フェブリとジャーニーを利用しようとする有冨の計画と、フェブリを救おうと苦悩する布束の事を知り、更にフェブリを助けようとする思いを強めた美琴。

とある科学の超電磁砲S 第23話_04

有冨らの本拠地と中和剤のレシピの情報を得ようとする布束を残し、美琴は事前に注射していた追跡用ナノデバイスを頼りに救出にやってきた黒子と共に脱出。

とある科学の超電磁砲S 第23話_05


美琴の情報をもとに「STUDY」の動向を探る初春達。
そこに婚后光子がもたらした情報も加わり、有冨達が2万体もの駆動鎧を学究会の会場へと搬入していた事実が判明する。

とある科学の超電磁砲S 第23話_06


「STUDY」が警備員と繋がりのある企業という事もあり警備員の協力は得られず、テロが起きなければ阻止することが出来ない中で美琴はこのまま危険な事態に皆を危険に晒してしまう事にためらいを覚える。

しかし、美琴を気遣う佐天達は危険を承知で協力しようとし、その思いに心強さを感じた美琴は協力して学究会でのテロを阻止する事を決意する。

そして、学究会の当日。
「STUDY」の駆動鎧の大群を前に黒子達が立ち塞がる・・・。

とある科学の超電磁砲S 第23話_07
とある科学の超電磁砲S 第23話_08

有冨らの計画とフェブリの能力「ディフュージョンゴースト」が明らかになり、それを阻止する為に立ち上がった美琴と仲間たち。
一人で抱え込まず、皆で協力して事態の解決に挑む科学らしい盛り上がりになってきた。

ただ、最後の人員配置はやけにかたよりすぎな気がする・・・というか悪意すら感じる。
あれだけ危険だと心配していたのによりによって佐天×初春コンビって事実上の死刑宣告じゃないですか?>えー
いくらガードロボがついていてもアレを相手にするのは無茶振りしすぎでしょ。

どうなるか予想のつく人、つかない人と居ますが、各々能力を最大限に活かして大怪我しない程度にギリギリのバトルを展開してくれる事を期待したい。

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第22話「STUDY」感想

とある科学の超電磁砲S 第22話_01

冥土返しの力添えにより、暗部の事を知るテレスティーナとの接見を果たした美琴。
フェブリとその研究に関わる人物の情報を教えてくれるように求めるが、美琴たちの事を実験動物としか考えないテレスティーナは素直に情報を教えようとはしなかった。

とある科学の超電磁砲S 第22話_02
とある科学の超電磁砲S 第22話_03

だが、暗部の醜悪さを知りながらも絶望せずにフェブリを助けようとする美琴の直向な姿に苛立ちながらも心を動かされたテレスティーナはついにフェブリが自分の知る『ケミカロイド』である事を美琴に教える。

とある科学の超電磁砲S 第22話_04

テレスティーナの情報からフェブリを作った人物達が「学究会」で自分達の事をアピールしようと企んでいる可能性を疑った美琴たちは、その関係者の中に婚后達が目撃したフェブリを狙う人物『有冨 春樹』を発見する。

とある科学の超電磁砲S 第22話_05

有冨の情報を調べる初春がフェブリに関わっていると思われる工場をつきとめる。
美琴はすぐさまその工場への潜入を試みるが、そこには麦野をはじめとした「アイテム」のメンバーが先に侵入しガードシステムを壊滅させてしまっていた。

とある科学の超電磁砲S 第22話_06

麦野達が立ち去った後、工場内で電源が稼動するエリアがある事を感知し、調べに向かった美琴はそこで布束と再会を果たす。

とある科学の超電磁砲S 第22話_07
とある科学の超電磁砲S 第22話_08

美琴にフェブリの持つ飴のレシピを手渡す布束に、フェブリを助けようと中和剤の情報を得ようとして研究に加担していた真意を知り安堵する。
だが、その矢先に布束の行動にかねてから疑念を抱いていた有冨が姿をあらわし、工場に置かれていたレシピはダミーである事を告げる。

フェブリを救うためには本物のレシピデータが必要な美琴は有冨に逆らう事が出来ず・・・・。


テレスティーナとの対峙で第1期から美琴が精神的に成長した姿が表現されていたものの、フェブリの姉と呼ばれる存在が一体なぜ作られたのか?学究会での行動をも企む人物の正体は判明したがフェブリの謎自体はまったく進展がなかった今回。

次回以降、レシピデータが破壊されてしまったフェブリの命を救う策と合わせて、有冨がペラペラと教えてくれるのか・・・?

テーマ : とある科学の超電磁砲
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第21話「闇」感想

とある科学の超電磁砲S 第21話_01

フェブリが何者かに作られた『人造物』であり、飴を食べ続けなければ死に至る事実を告げられる美琴。
そんな美琴の動揺を察して心配する黒子に、美琴は皆でフェブリを救おうとフェブリの真実とそこに暗部が関わっている事実を明かす。

とある科学の超電磁砲S 第21話_02

フェブリを救うための手段を探し奔走する佐天達だったが、何の手掛かりも掴めずに行き詰まる。
そんな中、美琴はフェブリの研究に『学習装置』の研究に携わっていた布束が関係している事を疑うが、妹達の件で暗部に捉えられた布束は長点上機学園を除籍され消息を掴めないで居た。

とある科学の超電磁砲S 第21話_03

フェブリ襲撃の祭に現場に残された唯一の手掛かりであり、フェブリの姉の物と思われる「髪の毛」に何か手掛かりを求める美琴だが新しい手掛かりは得られず、代わりにフェブリの飴の数から考えられる残された猶予が72時間しかない事を知らされる。

暗部と対峙してでもフェブリを助けようと決意を固める美琴に対し、「冥土返し」はある人物との接見を薦めるが・・・。

とある科学の超電磁砲S 第21話_04

予想以上に深刻なフェブリの現状と、それを救おうと必死になる美琴達。
物語がシリアスに盛り上がって来て次回も楽しみだと思っていたら・・・張り詰めた危機感をフレンダの水着が全部持っていった。>えー

シリアス台無し・・・。>えー

なにわともあれ、次回も色々と楽しみだ。
というか関西は連続して見れるのでいいやら悪いやら。

テーマ : とある科学の超電磁砲
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第20話「フェブリ」感想

とある科学の超電磁砲S 第20話_01
とある科学の超電磁砲S 第20話_02

「すっかり仲良しじゃない、あの二人」
「ですよね」
「よかったですね御坂さん」

学究会の会場の下見を終えた後、風紀委員の先輩である固法の提案により銭湯を訪れ疲れを癒す美琴たち。

そんな中、警備ロボットの暴走から身を挺して助けた事でフェブリと打ち解けた美琴は入浴時にもフェブリの世話を焼き、まるで姉妹のように仲の良い時間を過ごす。

とある科学の超電磁砲S 第20話_03

「折角、仲良くなったのになぁ」
「もう、会えなくなる訳じゃないんですから」

一緒に過ごす内に益々フェブリへの愛情が増す佐天や美琴達は、5日後にフェブリが『あすなろ園』に入所する別れの日が来る事を寂しく想いながら帰り道を歩く
その途中、道を塞ぐ怪しげな工事の看板により意図しない迂回路へと誘導されてしまう。

とある科学の超電磁砲S 第20話_04

「どこの誰だか知らないけど、こんな物アタシに通用するとでも想ってんの?」

人気のない場所にたどり着いた琴を不審に思う美琴達の前に突如として謎の駆動鎧があらわれ、容赦なく美琴に襲い掛かる。

通常の駆動鎧が相手であれば難なくいなせる美琴だが、正体不明の力で動く敵に予想外の苦戦を強いられる。

とある科学の超電磁砲S 第20話_05

「動きが・・・」
「どっせぇ~い」

フェブリに気をとられ窮地に陥った美琴は、駆けつけた光子により救われ事なきをえる。

動きを停止した駆動鎧の内部を確認した美琴は自分を襲った駆動鎧の内部が無人であった事に驚く。
そんな矢先、突然フェブリが体調を崩して倒れ込んでしまう

婚后光子、普段なら事件の被害者の筈がまさかのフライング大活躍。
これは最終回で見せ場がないという事だな。>えー

とある科学の超電磁砲S 第20話_06
とある科学の超電磁砲S 第20話_07

「どうしたの?しっかりして」

心配をした佐天らによって病院へと運ばれたフェブリだが、夜遅くになっても一向に回復する気配がない。
そんな美琴達の元に光子からフェブリが『有冨 春樹』らから狙われている事を知らされ、一層不安を募らせる。

とある科学の超電磁砲S 第20話_08

「あの子は人間じゃない」
「へっ」
「100%科学的に作られた、人造物だよ」

翌朝、何事もなかったかのように快復するフェブリ。
だが、フェブリの診察をした冥土帰しは美琴に対し、浮かない表情で驚くべき事実を告げる。

フェブリは人間ではない、と・・・。


・・・初登場時から分かってましたよ。>えー

クローン人間やロボのような存在ではなく、実験を目的に作り出された生物の可能性が高まるフェブリ。
わざわざ幼女の姿で作るなんてメガネ達どこまでもグッジョブ・・・もとい良心のかけらも感じられない奴らだ

そうなると、信号トラブルやロボを動かした謎のエネルギーと、残されていた髪の毛のような物もフェブリが原因だと推測出来る。

起きた事象から、電気系能力を無力化しそうだが・・・果たしてフェブリは何の目的と力を持って創られたのか?
次回以降、シリアスな盛り上がりに期待。

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第19話「学園都市研究発表会」感想

とある科学の超電磁砲S 第19話_01

公園の花壇で眠る少女『フェブリ』を保護した美琴達

迷子とおぼしきフェブリの素性を探ろうとする中、美琴の名前を知っていた事からフェブリが美琴の知人かと思われたが美琴には心辺りがなく、迷子の情報に該当者もなく途方に暮れてしまう。

とある科学の超電磁砲S 第19話_02

その日は佐天になついたフェブリを佐天と初春の二人が協力して預かることに

とある科学の超電磁砲S 第19話_04

翌日、初春達は再度フェブリの身元を風紀委員171支部で調査するがやはり該当する情報はなくフェブリは春上らと同じ「置き去り(チャイルドエラー)」として「あすなろ園」に引き取られる事となる
しかし、施設側で受け入れの準備が出来るまで5日間かかり、それまでの間は佐天らで面倒を見る事になる。

とある科学の超電磁砲S 第19話_05

身元の引き受け先も決まり、安堵した美琴達。
そんな折、黒子と初春が『学級会』の打ち合わせに行く用事があり、フェブリの退屈しのぎに美琴達も付き添う事になる。

会場に到着した美琴たちはそこで婚后らと出会い、フェブリもすぐに打ち解ける。
そんなフェブリの姿に美琴は、自分もフェブリに気に入られようとするが・・・

とある科学の超電磁砲S 第19話_06

美琴の努力に気をきかせた佐天の協力もあり、フェブリの面倒を一人で見る事になる美琴
だが、目を放した隙にフェブリが姿を消してしまう。

とある科学の超電磁砲S 第19話_08
とある科学の超電磁砲S 第19話_09

慌てててフェブリを探す美琴は警備ロボットに襲われそうになるフェブリを発見し、その窮地を救う。
その事で警戒心を解いたフェブリは美琴を名前で呼び、ようやく仲良くなる事が出来たのだった・・・。

とある科学の超電磁砲S 第19話_03
とある科学の超電磁砲S 第19話_07

ただただフェブリのあどけない可愛さを詰め込んだロリペド祭りだった。
こりゃ、青髪も出る訳だ・・・。>えー

変な味のキャンディーを持つ、謎に包まれたフェブリの素性。
そして、暗躍するメガネ達。

警備ロボットにフェブリを襲わせていた所から、フェブリは危険な状況に陥ると何らかの力を発揮するのか?
そして、フェブリを使い何を企むのか?

次回もロリペド祭り・・・この調子でお願いしたい。

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第18話「お引越し」感想

とある科学の超電磁砲S 第18話_02

『乱雑開放』事件以降、長らく病院でのリハビリを続けていた『枝先 絆理』の退院がようやく決まり、それを祝福する美琴達。

独り暮らしをした事が無い絆理を心配する『春上 衿衣』が一緒に暮らす事を申し出るが、それは同時に暫く続いていた初春と衿衣の共同生活が終わりを迎える事でもあった

とある科学の超電磁砲S 第18話_04

衿衣の引っ越しに寂しさを垣間見せる初春だったが、佐天の励ましもあり絆理と衿衣の門出を頑張って応援しようと絆理の退院を祝うパーティーを企画し奔走する

とある科学の超電磁砲S 第18話_05

そして、退院当日。
病院へと絆理を迎えに行く美琴達だが、初春と黒子は風紀委員の仕事が入りパーティーに遅れる事になる。

とある科学の超電磁砲S 第18話_07
とある科学の超電磁砲S 第18話_08

ようやく仕事を終えて駆けつけた初春は第1期22話での『タイヤキ』を手渡す・・・。

初春の力強い応援にこれまで感じてきた感謝の気持ちがこみ上げて来た衿衣は涙を流して喜び、その涙につられ初春もまた涙を流すのであった・・・。

とある科学の超電磁砲S 第18話_09
とある科学の超電磁砲S 第18話_10


衿衣を無事に送り出した帰り道、美琴達は花壇で無防備に眠る少女『フェブリ』を発見。
そんなフェブリが、美琴らの中で唯一佐天の質問にだけ反応を示し漏らした単語は『御坂美琴』というもので・・・。

とある科学の超電磁砲S 第18話_01

前期から続く初春の誰かの力になりたいという思いが結実したエピソード。
初見だとハードルが高いが、前期からの人間には感慨深い仕上がりだった。

そして、第1期からの物語に区切りがつき、新たに始まる第2期オリジナルエピソード。

とある科学の超電磁砲S 第18話_03

冒頭でいきなりアイテムと謎のロボットによる戦闘で、麦野んが油断したとはいえ傷を負う状況にビックリ。
オープニングにもあるが、これが敵の戦力として最終回前には美琴達と丁度いい感じの死闘を繰り広げる事になりそうで婚后さんの活躍にも期待が高まる

問題はそれを開発した連中と、フェブリの関連性だが・・・『対御坂美琴用ロボ』だったりして・・・。
布束さんも無事そうだが、研究に加担する真意は・・・?

そのあたり、徐々に明かされてゆくのをじっくりと見守りたい。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第17話「勉強会」感想

とある科学の超電磁砲S 第17話_01

『妹達』を巡る一連の出来事が終わりを迎えてからしばらくしたある日。
美琴と黒子は佐天や初春らと勉強会を行うため、寮監に対して『時間外特別外出届』を提出。

厳しい寮監の監査を潜り抜け晴れて勉強会という名の「鍋パーティー」が開催される事となる。

とある科学の超電磁砲S 第17話_02
とある科学の超電磁砲S 第17話_03
とある科学の超電磁砲S 第17話_04

このところ会う機会の少なかった美琴と久しぶりに一緒に過ごす事を楽しみにする佐天と初春
そして、黒子は待ち合わせの時間が来るまでの間、パーティーの食材を購入するなど思い思いの時間を過ごしていた。

そんな中、美琴は実験が中止となった後の『妹達』の事を心配し、『冥土帰し』の病院を訪れていた・・・。

とある科学の超電磁砲S 第17話_05
とある科学の超電磁砲S 第17話_06

短命なクローンであった『妹達』だったが、調整を続けてゆけば寿命を延ばす事が可能だという事を『冥土帰し』から聞かされ安堵した美琴。
気分を一新し黒子との待ち合わせ場所へと向かうが、そこには偶然にも麦野とフレンダが居合わせ、黒子とフレンダがくだらない諍いを起こしてしまう

とある科学の超電磁砲S 第17話_09

ファミレスでの騒動も事なきをえて、なんとか無事に佐天の部屋でパーティーをはじめる美琴達。
久しぶりに一緒に過ごす時間に会話も弾み、楽しい時間を過ごす四人+春上さん

鍋の具材にうまい棒」は・・・なかった。>残念

とある科学の超電磁砲S 第17話_11

そして、パーティーの帰り道、元気を取り戻した美琴の姿に黒子は改めて安堵と喜びを覚えるのであった・・・。

とある科学の超電磁砲S 第17話_10

上条さんのおかげで元気を取り戻した美琴が、スッポン鍋によってさらに精力ギンギン友人らとの日常で活力を取り戻した・・・
そんな、アニメ版の「とある科学」らしいエピソードですね。

とある科学の超電磁砲S 第17話_07
とある科学の超電磁砲S 第17話_08

個人的にはファミレスでオッパイ揉み合戦が面白かったが、これで「アイテム」さん達も見納めなのだろうか?

もしかすると次回以降のロリっ子を巡って再び対立・・・しなさそう。
食蜂さんといい、レベル5は強敵すぎてオリジナル展開での扱いが困るのが難点ですね。

その点、レベル4の婚后さんはまた最終話あたりで獅子奮迅な活躍しそうで今から期待大。
お色気シーンもあると尚よし。>えー

とある科学の超電磁砲 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉とある科学の超電磁砲 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉
(2013/07/10)
佐藤利奈、新井里美 他

商品詳細を見る

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第16話「姉妹」感想

とある科学の超電磁砲S 第16話_01

「神様の頭脳なんて物に対する興味も、こんな事で罪を償えると思ってるわけでもない」
「妹だから。この子達は・・・私の妹だから」
「ただそれだけよ」


プラズマを発生を妨害をする為、風車を操作する妹達。
一方通行は自分の邪魔をするミサカ妹を排除しようとするが、その前に勝てないと理解しながらも美琴が立ち塞がる。

自分の命をかけて守ろうとするその姿と言葉に、ミサカ妹は今までにない感情に心を揺さぶられる・・・。

とある科学の超電磁砲S 第16話_02

「歯を食いしばれよ最強・・・俺の最弱はちょっとばっか響くぞ」

美琴の声に呼応して意識を覚醒させた当麻は満身創痍の体で立ち上がり、一方通行を驚愕させる。
そして、狼狽しながらも当麻に止めをさそうとした一方通行は当麻の右手の「幻想殺し」によって左手を破壊され、尚も幻想殺しの追撃が迫る。

とある科学の超電磁砲S 第16話_03

「力が争いを生むのなら、戦う気も起きなくなる程絶対的な存在になればいい」
「そうすれば・・・いつかまた、そうすれば・・・もう」
「もう、誰も・・・」


当麻の幻想殺しによって倒されるその刹那に過去の想いを回想する一方通行。
薄れ行く意識の中で力を求める原点が自分の力の強大さゆえに失った日常への渇望と、傷つける事への恐怖から来ていた事を再認識。

果たせなかった願いと、自らの無力さを嘆くのだった・・・。

とある科学の超電磁砲S 第16話_04

「これ、お見舞いのクッキー」
「デパ地下で高そうなの選んできたからそこそこ美味しいんじゃない?」


かくして、レベル0である当麻が一方通行を倒した事で想定外の問題が起きた「絶対能力進化実験」は中止を余儀なくされ、残された「妹達」も殺される事を回避された。
その代償として重傷を負ってしまった当麻は常連の病院に入院する事になり、今回の一件を感謝する美琴が訪れるが、当麻の不要な発言に素直に感情を伝えられずに終わってしまう。

とある科学の超電磁砲S 第16話_05

「ふぅ、これ以上は怪我に響く恐れがあるのでこの辺にしておきます、とミサカは汗を拭います」

とある科学の超電磁砲S 第16話_06

「確かに彼女は年齢にそぐわない幼稚な趣味で、がさつで、短期で、喧嘩っ早くて、その癖好きなものは好きと言えない天邪鬼ですが・・・」
「ミサカの為に命を捨てようとした、困った姉です」


これまで、ずっと「妹達」を産み出した事を悔やんでいた美琴。
だが、だからこそこの世界に生きる事のできた「妹達」。

産み出された事を感謝している。
当麻の言葉やミサカ妹の想いに、美琴はようやく本当の意味で苦しみから解放される・・・

とある科学の超電磁砲S 第16話_07
とある科学の超電磁砲S 第16話_08

「またな、御坂」

後日、いつもの調子を取り戻した美琴は入院する当麻に手作りクッキーを渡そうとするが、入院費を気にして早期退院してきた当麻と鉢合わせ、狼狽した美琴は結局感謝の気持ちを上手く伝えられぬまま別れてしまう。

その別れ際、初めて名前を呼ばれた美琴は・・・。


シスターズ編完結。

一方通行の前に立ちはだかる美琴。
瀕死の重傷で立ち上がる上条さん。

最高のクオリティーで描かれた熱いクライマックスと、ギャグとしんみりした雰囲気で綴られた後日談は文句なしの仕上がり。
良い最終回だった・・・。>えー

次回以降は久しぶりに佐天さん達も出番が多くありそうなので、緩い日常が見られる事を期待したい。

電撃大王 2013年 09月号 [雑誌]電撃大王 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/07/27)
不明

商品詳細を見る

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

とある科学の超電磁砲S 第14話「約束」感想

とある科学の超電磁砲S 第14話_01

美琴の暮らす常盤台中学女子寮を訪れた当麻だったが、美琴は寮には戻っておらず同棲中・・・もとい同室の『白井 黒子』によって部屋へと招き入れられる。

折りしも深刻な悩みを抱え込んでいる美琴の事を心配していた黒子は何らかを知っている様子の当麻から事情を聞き出そうとするが、その目論見は寮監の見回りによって邪魔が入ってしまう。

とある科学の超電磁砲S 第14話_02

寮監の見回りから身を隠そうとベッドの下に潜り込んだ当麻はそこで美琴の隠していた「絶対能力進化計画」の資料を発見し、クローンや実験の事を知った美琴が一人で苦悩を抱え込んでいた事を知る。

美琴の事を心配した当麻は街中を探し回り、橋の上で辛そうに佇む美琴を発見する。

美琴は計画の事を知ってしまった当麻が「妹達」クローンを作り出す為のDNAマップを提供した事を糾弾しに来たと捉えたが、実際には当麻は美琴の事を心配して駆けつけた事を知り嬉しさと共に抱え込んでいた悲痛な想いを吐露し始める

とある科学の超電磁砲S 第14話_03

そして、美琴の口からずっと一人で奮闘したものの実験を阻止する事も出来ずに切羽詰った美琴が唯一望みを託し、一方通行との直接対決でわざと敗北しようとしている事を知った当麻は今夜の実験が行われる場所へと向かおうとする美琴の前に立ち塞がる。

他に実験を阻止する打開策もないままに無責任に美琴を止めようとする当麻に、美琴は悲痛な叫びと共に電撃を放つがそれでも当麻は揺らぐ事無く立ち塞がり・・・。

とある科学の超電磁砲S 第14話_04

立ち塞がる当麻に対して何度も電撃を浴びせる美琴だが、「妹達」が助かるとしても美琴が傷つく事を許せない当麻は美琴の電撃を「幻想殺し」で防ぐ事無く受け尚も立ち上がり美琴の前に立ち塞がる。
そして、ついに・・・。

本気の電撃を受けて気絶した当麻の姿に美琴はその意志の固さを悟り、当麻を力づくで退かせる事を断念し泣き崩れる。

そんな美琴に対して、当麻は美琴の代わりに学園都市最弱である自分が戦い勝利する事で計画を止める事を約束する。

とある科学の超電磁砲S 第14話_05

「待っててくれ、必ずミサカ妹は連れて帰ってくる」
「・・・約束するよ」


美琴はそんな当麻の姿に、心のどこかで求め続けていたヒーローの姿を重ね・・・


前半は黒子の変態さ加減に良い意味でドン引き。
そして、後半は美琴のヒロインフィルターのせいか上条さんのハイビジョン男前っぷりがスゴかった。

あれ、上条さんってこんなに男前だったっけ?>えー

盛り上がってきた超電磁砲ですが、次回はついに一方通行と最弱の上条さんとの地味な白熱の一騎打ち・・・

月刊コミック電撃大王 2013年 10月号増刊 とある科学の超電磁砲 御坂美琴マニアックス [雑誌]月刊コミック電撃大王 2013年 10月号増刊 とある科学の超電磁砲 御坂美琴マニアックス [雑誌]
(2013/08/27)
不明

商品詳細を見る

テーマ : とある科学の超電磁砲S
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI