サントリーから「初代ボスジャン(復刻版)」が到着

初代ボスジャン_01
サントリーから「初代ボスジャン(復刻版)」が到着。

初代ボスジャン_03
初代ボスジャン_02

ブルーの表地にオレンジの裏地。
前後におなじみのボスロゴの刺繍が施されているのが印象的。

初代ボスジャン_05
初代ボスジャン_06

中国製だが品質についても当たりづらいだけあって、安っぽくなく柔軟でほどほどに丈夫そう。
だが、勤続50年となる25年後まで使い続けられるだろうかは不安が残るが大切にしたい。

UCCブレイク_01

UCCの缶コーヒー「ブレイク」の金の懐中時計も20年ほど現役で使用しているし、大丈夫だと思うが・・・生きてるかな?>えー

UCCブレイク_02
UCCブレイク_03
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

tag : ボスジャン

ブラビアのモーションフローとシネマドライブのオススメ設定

倍速駆動(モーションフローXR240)の4Kテレビ「BRAVIA KJ-49X8300D」を購入。



プラズマテレビからの買い替えだったが、画面の解像度がフルハイビジョンから4倍。
しかも、4Kアップコンバートやコントラスト補正の性能も進歩しているのか、色彩や明暗の幅ともに美麗で大変満足

まぁ、「実際に目の前にあるかのような・・・」という10年以上前から使い古されたキャッチフレーズもかなり真実に近づいた印象。>えー

個人的には一番危惧していた液晶独特の残像やブレも肉眼では気にならない程度。
ブラビアのモーションフローがかなりヌルヌルだという噂を聞いていたが、『なめらか強』だと想像以上にヌルヌル
さすが4倍速相当、10年前に鋭角社が亀山で作っていた2倍速液晶の残像が嘘のよう

BRAVIAモーションフロー

ただ、残念なのはシネマドライブを強くしすぎると動きの激しいシーンで違和感のあるぎこちない動きになってしまう・・・というか補正しすぎて気持ち悪いぐらいにヌルヌル
オートで番組に最適な設定を選んでくれるので何もせずともよいのだが、折角搭載されているシネマドライブは使わずに「切る」が一番最適にフレーム補間してくれる模様。

それを踏まえて、折角の4Kをフルに活用できるよう個人的な好みに調整。

明るさ『40』
黒補正『高』
コントラスト補正『高』
色温度『中』(※室内照明にあわせて)
ライブカラー『高』
シャープネス『70』
モーションフローXR240『クリア(インパルスモード?)』
シネマドライブ『切』


クリア(インパルスモード?)だと画面が暗めになってしまうのが難だが、これでニュース番組からスポーツ中継まで幅広く、クリアな画像で楽しめた。
モーションフローの補正技術が発揮される「なめらか強」や「なめらか」設定でもなめらかで残像やブレはないが、個人的には「クリア」が自然なスムーズさで一番しっくり

「Android TV(TM)アプリ」でネット番組も視聴でき、大変満足。
コントラスト補正や超解像技術は日進月歩で数年すれば更に高画質のテレビが普及してるだろうから、それまで大切に活用していきたいと思う。

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

tag : モーションフロー シネマドライブ

QuickよりIRroid2017カレンダーが到着

IRroid2017_01.jpg

株式会社QUICKよりIRroid2017カレンダー」が到着。

今年は縦置き方カレンダー
内容も年々凝ってきている

今年もツイッターで応募。
よく考えるともうIRroidもはや2周年、恋フロも1周年と月日がたつのも早いものだ。

今年はトランプ相場で活況のまま終わりそうだが、MOBやらが活発で久米ちゃんも消えたりして個人的にはちょっと残念な1年。
カレンダーでも眺めながら、静かに『恋フロ』をして年を越そうと思う。

昨年度↓
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__18

一昨年度↓
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__19

IRroid2017_01.jpg
IRroid2017_02.jpg
IRroid2017_03.jpg
IRroid2017_04.jpg
IRroid2017_05.jpg
IRroid2017_06.jpg
IRroid2017_07.jpg
IRroid2017_08.jpg
IRroid2017_09.jpg
IRroid2017_10.jpg
IRroid2017_11.jpg
IRroid2017_12.jpg
IRroid2017_13.jpg
IRroid2017_14.jpg
IRroid2017_15.jpg
IRroid2017_16.jpg
IRroid2017_17.jpg
IRroid2017_18.jpg

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : IRroid 九十九蘭

QuickよりIRroidカレンダー到着

IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__18

株式会社QUICKよりIRroid2016カレンダー」が到着。

今年もツイッターで応募したのだが、昨年に比べて応募が数倍の1413件の応募があったそうで、当選確率約7%となかなかの競争倍率となっていた。

これで今年の運もついに使い果たしたか?

IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__01
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__02

『恋フロ』がiOSでリリース記念キャンペーンという事だが、個人的にはAndroidなのでプレイ出来ずに残念。

僅か1年でゲームやPVアニメまで作られたIRroid
コミケで絵馬などグッズも販売するという事で、当初の予想以上に本格的にソッチ方面に頑張っていて嬉しいかぎり。

2016年も更なる驚きの展開を期待したい!!

・・・でも、カレンダーは1,000円じゃなくて500円くらいにしておくべきだったかなぁ>ボソッ

昨年度↓
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__19
九十九蘭

昨年に比べるとカレンダーのみで、少しアッサリとした印象。
来年度はオリジナルグッズなどの応募キャンペーンもあると嬉しいです。

IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__03
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__04
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__05
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__06
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__07
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__08
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__09
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__10
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__11
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__12
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__13
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__14
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__15
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__16
IRroid恋の有効フロンティアカレンダー__17

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : IRroid 九十九蘭

京都国際マンガアニメフェア2015(京まふ)へ行ってきた

京まふ2015_58
京まふ2015_01

『京都国際マンガアニメフェア2015』へ行って来ました。
年を追うごとに知名度が上がり、内容も改善してきた京まふ

今年も楽しみにして行ったものの、個人的には以前に比べてしょんぼりといった印象

京まふ2015_20
京まふ2015_39
京まふ2015_27
京まふ2015_28
京まふ2015_29
京まふ2015_30
京まふ2015_56

展示は各ブースとものきなみ小さくまとまりあまり費用をかけておらず、内容も全体的に薄く直近の新作に力が入っているかなといった程度。
会場内での体験型イベントである金田一少年の謎解きは斬新で良かったが、十分くらいで解けたので、全ブースを軽く見るだけなら30分かからないといった感じ

いや、じっくりと見れば2時間くらいは楽しめるが、既存のキービジュアルや複製原画が展示されただけや、テレビの告知映像が流れるだけでは余程思い入れがないと・・・

以前は荒削りだったが、かなり費用と力が入っており、大きな展示物やこれでもかという程詰め込みゴチャゴチャしたワクワク感が感じられたもの。
トヨタやソニーのような異業種の参加もあり、規模の大きさを感じられずにはいられなかった頃がなつかしい。

京まふ2015_31
京まふ2015_34
京まふ2015_33
京まふ2015_32
京まふ2015_42
京まふ2015_35
京まふ2015_46
京まふ2015_36
京まふ2015_37
京まふ2015_38
京まふ2015_40
京まふ2015_45
京まふ2015_41
京まふ2015_40
京まふ2015_43
京まふ2015_44
京まふ2015_47
京まふ2015_48
京まふ2015_49
京まふ2015_50
京まふ2015_52
京まふ2015_53
京まふ2015_55
京まふ2015_57

アニメ業界の不振もある広告宣伝費を削っているのだろうか?
個人的にはカドカワは今回は正面を入ってすぐのブースを明け渡して縮小しており、株価が半値になっている業績不振をまざまざと感じさせられた

しかしながら、悪い面ばかりではなくシャフトなど定番のブースは新作のグッズなども販売され、いつも通りに長蛇の列を形成。
他の人気作品の物販を行うブースも斬新さが少ないが、人々の活気があったのが救いであった。

京まふ2015_21

その反面、物販ゾーンも弱くなっており、京まふ限定販売商品が少なく、他でも手に入る商品ばかりで人並みは程ほど

万引き対策や効率化もあるのだろうが、商品を手にとって見る機会すらなかったのはいただけない。
全部買う余裕がない人は、限定グッズなどを間近で見て思い出にする人も居るのだから・・・。

京まふ2015_25
京まふ2015_24
京まふ2015_22
京まふ2015_23

キャラ食ゾーンも昼時はそれなりに賑わっていたものの、長蛇というほどではなく、黒子など人気作品のグッズ目当ての人だけといった印象
以前はもう少し込んでいたものだが、参加人数自体が減っているのだろうか?

なにわともあれ、毎年行うのであればマンネリ化もあるものだが、今年は展示内容・物販・食事共に弱体化。
今後の先行きに暗い影を落としていた。

行政主導という事で少しきつめの制限があり、ニーズとの乖離、堀り起こしが出来ていないのだろうか?
きっと、幼女と手をつなぐショッパーとか売って欲しいんだよ。>えー

まぁ、現実的にはもっとラブライブなどの人気作品の限定グッズを増やすとか、もっと誘致して来ないとダメだと思う。
アイカツやプリパラを呼ぶだけでも、もっと大きい宣伝効果があったはず。

地元の大学ブースだとか、そういう“繋がり”というか“縛り”が悪い方向になっているんじゃないだろうか

それともこういう内容での集客はここらが限度なのだろうか?
いずれにせよ、このまま同じようなレベルであれば来年度以降は時間を割いてまで参加したいと思えない印象。

願わくば、来年度はもっと人気作品のブースが出展される事を願って・・・。

京まふ2015_17
京まふ2015_18
京まふ2015_11
京まふ2015_12
京まふ2015_13
京まふ2015_14
京まふ2015_15
京まふ2015_19
京まふ2015_09
京まふ2015_10
京まふ2015_01
京まふ2015_02
京まふ2015_08
京まふ2015_03
京まふ2015_04
京まふ2015_05
京まふ2015_06
京まふ2015_07
京まふ2015_59
京まふ2015_60

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 京まふ

(株)QuickよりIRroidカレンダー到着

九十九蘭

株式会社QUICKよりIRroid2015カレンダー」が到着。
ツイッターで応募していたものが、なかなかの倍率ながらも当選したらしい。

IRroidカレンダー2015_02
IRroidカレンダー2015_03

カレレンダーは月が変わるごとに用紙を入れ替えて使用する卓上カレンダータイプ
壁に掛けようかと思っていたので少し残念だが、ひと月ごとに違うキャラクターが彩ってくれて心がぴょんぴょんしそう

離席メッセージなどもあり楽しんで使え、オリジナルキャラクターの『九十九 蘭』付箋も同封されており、職場で愛着を持って使用できそうだ。

IRroidカレンダー2015_01
IRroidカレンダー2015_04
IRroidカレンダー2015_05
IRroidカレンダー2015_06
IRroidカレンダー2015_07
IRroidカレンダー2015_08
IRroidカレンダー2015_09
IRroidカレンダー2015_10
IRroidカレンダー2015_11
IRroidカレンダー2015_12
IRroidカレンダー2015_13
IRroidカレンダー2015_14
IRroidカレンダー2015_15
IRroidカレンダー2015_16
IRroidカレンダー2015_17
IRroidカレンダー2015_18
IRroidカレンダー2015_19

tag : 株主優待 IRroid 九十九蘭

スターバックス株主優待廃止!!

スターバックス株主優待2014_03

去る9月24日に米スターバックスからTOBによる日本法人の完全子会社化が発表

これにより、「スターバックスコーヒージャパン」の株式は上場廃止
配当株主優待も来年度以降は中止が決定

今年の6月に届いた株主優待券が初めての取得でまだ優待券を未使用なだけに、この超展開を知った直後には…なん…だと…といった感じで、動揺を通り越してまったく実感が沸かなかったものの、徐々に寂しさが募ってきている。

一応、配当金と優待券を含めた金額よりも高い買取プレミアムがついているものの、長期的に見ると順調な全国展開と業績なので株価上昇や、株主優待券が貰えなくなるのは大きな損失である
現在、株価は第2回の買付価格である1株あたり1,465円に鞘寄せしているので、公開買い付けまで保有せずに現在のうちに売却をして他の有望株に移るというのが妥当な線だがさて・・・。

テーマ : 株主優待
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株主優待

京まふ2014 大混雑・大盛況

IMG_0001_201409201602466a4.jpg

9月20日開催の「京まふ2014」こと「京都国際マンガ・アニメフェア」に参加。

今年で3年目。
昨年の参加者数は二日間で2万人程度だったが、今年はそれ以上の参加者で大混雑

京まふ2014_01
京まふ2014_02

待機列の長さは会場である「みやこめっせ」の裏手を半周し、京都市美術館の敷地で待機させられるという約1kmの長蛇の列
遅くに来る人たちは入場まで1時間以上という容赦のなさ。

京まふ2014_03

東口から入場。
会場の構成は例年通り、3階の「企業出展」、1階の「キャラ食」、地階の「物販ゾーン」。
それに加えて、イベントや原画展もあり、各々が目的の場所へ分かれて進んでいた。

京まふ2014_04

個人的には3階は入場制限がかからないので、地階の物販を優先。
予想通り、すでに大混雑で物販ゾーンに入場するだけで数十分の待ち時間がかかった

商品の品揃えも3回目という事で限定商品などかなり充実
用意された弱虫ペダルなどのグッズが飛ぶように売れ、1回目の申し訳程度に市販品をならべただけという印象とは雲泥の差。

1階のキャラ食も10時過ぎの時点から既に混雑。
こちらもやはり購入するのに数十分の時間を要していた。

京まふ2014_06
京まふ2014_07
京まふ2014_09
京まふ2014_11
京まふ2014_12
京まふ2014_13
京まふ2014_14
京まふ2014_15
京まふ2014_16
京まふ2014_17
京まふ2014_19
京まふ2014_20

そして、3階フロアにある企業出展。
こちらでは多くの出版社、企業、大学が各々の作品展示や宣伝、物販を行なっていた。

京まふ2014_10

例年通り、シャフトの物販は長蛇の列を形成していたものの、他の物販は然程待ち時間も無く購入が可能な状況。
ある意味、一番の話題商品である「もうこれで終わってもいい」でしたが、今ひとつの売れ行きの模様・・・。

京まふ2014_18
IMG_2014092016024403b.jpg

そして、今回地味ながらもかなり待ち時間を要していたブースが、まさかの「リスアニ!」。
シャフトが目玉商品完売などにより列が落ち着き、縮小する昼以降も列は途絶えず40分程の待ち時間。

関西で初という360度の映像を楽しめるヘッドマウントディスプレイでアイドルマスターを視聴体験できるというもの。
一人あたり約2分の体験時間で、765プロのアイドルを色々な角度から視姦プレイ・・・鑑賞できるという事で大行列。

実際にはPS4のそれと似ており、装着者の動きに連動してゲーム画面の色々な方向が途切れる事無くパノラマのように見えるというもの。
HMDを被り、ニヤニヤと首を上下左右に回転させるプロデューサーさん達がオシャレキモかったです・・・。>え-
体験すると帰りに液晶クリーナーを貰えます。

京まふ2014_21
IMG_0006.jpg

おおまかにはこのような形で、他ブースも例年通りの賑わい。
コミケというと大げさだが、確実にこれまで以上の入場者数でどのゾーンも大盛況。
昨年のような京都関連作品の猛烈なプッシュ感もなく、地元企業も会場に溶け込みつつ自然な宣伝を行なっていた印象。

入場者の慣れと、スタッフの訓練も大分行き届き、中の流れはかなりスムーズになった。
その反面、やはり各方面で待ち時間が伸びている所はストレス

これを解消できるか、もしくはより展示に娯楽要素を詰め込むかしなければ一般の人達には敬遠されそう
物販など目的意識がある上級者向けとなるのか、一般客なども気軽に訪れられるイベントとなるのか。
今後の京まふの変化に期待したい。

tag : アニメ

鉄人化計画優待券を利用しました

鉄人化計画優待券2013_01

鉄人化計画の株主優待券の利用期限が近づいてきたので先日にリニューアルオープンした「平成知新(ちしん)館」を訪問がてら、京都国立博物館店で利用。
メニューはオムハヤシライスとコーヒーで、千円分の優待券と100円玉でお釣りが来た。

鉄人化計画2013年株主優待_12

昨年から初導入の優待なので、店員さんへの周知が行き届いているか不安だったが、特に問題なく笑顔で受け取ってくれた。
今年ももう間もなく届くだろうが、有効期限などはもう少し分かりやすくデザイン変更されているのだろうか?

鉄人化計画優待券2013_03
鉄人化計画優待券2013_02

混雑していたので多少雑な部分はあったが、店員さんも丁寧な対応をしてくれておいしかった。
立地としても、博物館と「平成知新(ちしん)館」を眺める事が出来る好位置で、日差しは強いながらも秋風を感じられる楽しい一時が過ごせた。

久しぶりに訪れたが、駐車場は3時間まで無料、博物館内の入場料も無料と至れり尽くせり。
面白い展示があればまた博物館を訪れると思うので、次回以降もここの店舗でくつろぎたいと思う。

tag : 株主優待

自宅で発見!!マラチオン

アクリフーズ農薬

年末に問題が公表されて未だに収束をみせない『マルハニチロHD』の農薬『マラチオン』問題
今回の一件による損失が不透明な中で業績に対する不安もあってか株価も下落傾向が続き、早期の混入経路特定と改善策の実施が待たれるところ。

我が家も整理をしてみると『パイシート』が眠っていましたが、怖いもの見たさで試食せずに素直にアクリフーズのHPに掲載されていた住所へ着払いにて送付予定

NISAで株価も上昇するかと思われた銘柄ですが、年始から苦難の船出。
一刻も早い事態の収拾を願います。
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI