京まふ2014 大混雑・大盛況

IMG_0001_201409201602466a4.jpg

9月20日開催の「京まふ2014」こと「京都国際マンガ・アニメフェア」に参加。

今年で3年目。
昨年の参加者数は二日間で2万人程度だったが、今年はそれ以上の参加者で大混雑

京まふ2014_01
京まふ2014_02

待機列の長さは会場である「みやこめっせ」の裏手を半周し、京都市美術館の敷地で待機させられるという約1kmの長蛇の列
遅くに来る人たちは入場まで1時間以上という容赦のなさ。

京まふ2014_03

東口から入場。
会場の構成は例年通り、3階の「企業出展」、1階の「キャラ食」、地階の「物販ゾーン」。
それに加えて、イベントや原画展もあり、各々が目的の場所へ分かれて進んでいた。

京まふ2014_04

個人的には3階は入場制限がかからないので、地階の物販を優先。
予想通り、すでに大混雑で物販ゾーンに入場するだけで数十分の待ち時間がかかった

商品の品揃えも3回目という事で限定商品などかなり充実
用意された弱虫ペダルなどのグッズが飛ぶように売れ、1回目の申し訳程度に市販品をならべただけという印象とは雲泥の差。

1階のキャラ食も10時過ぎの時点から既に混雑。
こちらもやはり購入するのに数十分の時間を要していた。

京まふ2014_06
京まふ2014_07
京まふ2014_09
京まふ2014_11
京まふ2014_12
京まふ2014_13
京まふ2014_14
京まふ2014_15
京まふ2014_16
京まふ2014_17
京まふ2014_19
京まふ2014_20

そして、3階フロアにある企業出展。
こちらでは多くの出版社、企業、大学が各々の作品展示や宣伝、物販を行なっていた。

京まふ2014_10

例年通り、シャフトの物販は長蛇の列を形成していたものの、他の物販は然程待ち時間も無く購入が可能な状況。
ある意味、一番の話題商品である「もうこれで終わってもいい」でしたが、今ひとつの売れ行きの模様・・・。

京まふ2014_18
IMG_2014092016024403b.jpg

そして、今回地味ながらもかなり待ち時間を要していたブースが、まさかの「リスアニ!」。
シャフトが目玉商品完売などにより列が落ち着き、縮小する昼以降も列は途絶えず40分程の待ち時間。

関西で初という360度の映像を楽しめるヘッドマウントディスプレイでアイドルマスターを視聴体験できるというもの。
一人あたり約2分の体験時間で、765プロのアイドルを色々な角度から視姦プレイ・・・鑑賞できるという事で大行列。

実際にはPS4のそれと似ており、装着者の動きに連動してゲーム画面の色々な方向が途切れる事無くパノラマのように見えるというもの。
HMDを被り、ニヤニヤと首を上下左右に回転させるプロデューサーさん達がオシャレキモかったです・・・。>え-
体験すると帰りに液晶クリーナーを貰えます。

京まふ2014_21
IMG_0006.jpg

おおまかにはこのような形で、他ブースも例年通りの賑わい。
コミケというと大げさだが、確実にこれまで以上の入場者数でどのゾーンも大盛況。
昨年のような京都関連作品の猛烈なプッシュ感もなく、地元企業も会場に溶け込みつつ自然な宣伝を行なっていた印象。

入場者の慣れと、スタッフの訓練も大分行き届き、中の流れはかなりスムーズになった。
その反面、やはり各方面で待ち時間が伸びている所はストレス

これを解消できるか、もしくはより展示に娯楽要素を詰め込むかしなければ一般の人達には敬遠されそう
物販など目的意識がある上級者向けとなるのか、一般客なども気軽に訪れられるイベントとなるのか。
今後の京まふの変化に期待したい。
関連記事
スポンサーサイト

tag : アニメ

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI