魔弾の王と戦姫 ひとこと感想

魔弾の王と戦姫_02

ブリューヌ王国の辺境『アルサス』を収める伯爵『ティグルヴルムド=ヴォルン』はジスタート王国との戦乱の最中、ジスタートの七戦姫の一人『エレオノーラ=ヴィルターリア』により捕虜とされてしまう。
アルサスの税では身代金の支払いもままならず、ティグルは帰る方策を考えあぐねる。
そんな矢先、ティグルの居ない間にアルサスへブリューヌ王国の公爵『フェリックス=アーロン=テナルディエ』が軍を差し向けてくる。
アルサスを守ろうとするティグルはエレオノーラに助力を請いテナルディエ軍を撃退するが、しれはブリューヌ王国の長い内乱の幕開けでしかなかった・・・。

魔弾の王と戦姫_03

魔弾の王と戦姫_01

第1話の前半は今ひとつパッとしなかったが、後半で超人じみたティグルの弓を見て視聴決定。
登場しなかった戦姫も居り、二期を漂わせる終わり方だったが内乱とモテモテハーレムをバランスよく描き上手く纏まった展開であった。

一つだけズバ抜けた特技があり、私利私欲に走らず、女性にモテモテというどこかの禁書的御都合主義ハーレム展開は個人的に大好物なので楽しく見れた。
また、ティッタやリュドミラ=ルリエ、レギンなど主要なキャラ以外にも新キャラが続々と登場したが、ある程度キャラの個性を描写するシーンがあり脇役にもそこそこ感情移入が出来るように配慮がされていた。

個人的には戦争関連の描写に関してはもう少し迫力や悲惨さ、地理や戦況を緻密に描いて欲しかったところだが・・・ハーレム作品だからねぇ。>えー
原作の改変があるので二期は難しいかもしれないが、他にも改変から3期以上続いた作品もあるので売り上げが伸びる事を期待したい。
関連記事
スポンサーサイト

tag : アニメ 感想

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔弾の王と戦姫 TokyoMX(12/29)#13終

最終回 第13話 広がる世界 公式サイトから失意のどん底にいるティグルに、エレンは戦いを放棄することも 1つの手段だと語りかける。それでも戦士の誇りは持ち続けるというエレンに、ティグルは自分にも意地があることを思い出し、心を奮い立たせるのだった。翌日、ブリューヌ王国宰相ボードワンがティグルの元を訪れた。ボードワンは一刻も早く、レギン をブリューヌ王の元に連れて行くことを進言する。だが、追い詰...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI