ファイト一発屋!! 探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話「一発屋シテミル」感想

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_01

どこの聖飢魔IIだよ!!

茉莉音と共に徳島の地方巡業へと出掛けたミルキィホームズ。
しかし、マネージャーのミスにより泊まる宿が手配されていなかった。

泊まる所を求めて彷徨ううち、『霧の立ち込む森の奥深く』で『少女を運ぶ謎の老人』の姿を目撃。
『誰も知らない秘密の館』があるとにらんだ5人はその後を追い、謎の洋館へとたどり着く。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_02
探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_04

「ファイト、一発屋!」
「一発屋」を愛する館の女主人『絹宮サキコ』は、歌を失い人気アイドルの座から転落した茉莉音を喜んで迎え入れる。

サキコから厚遇される茉莉音の理由が「一発屋」である事を聞かされたミルキィホームズ。
自分達も茉莉音のような一発屋となるため、「サキコランド」で開催されている水泳大会で88人の一発屋とのゲームに挑む

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_05
探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_06

激闘の末、数多の一発屋を倒したミルキィホームズ。
87人目の一発屋「安橋名人」とのゲームも、窮地に陥るもアリスとカズミの手助けがあり辛くも勝利。

しかし、そんな四人の前に茉莉音のエレメント「シャウト」の影響で暴走するサキコがあらわれ、茉莉音をかけたゲームを挑んでくる

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_07
探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_09

ロックな物を選ぶ二択勝負に挑戦したミルキィホームズは奮闘するも引き分けとなってしまう。
サキコはミルキィホームズの健闘を称え、四人を一発屋として認定するが、唯一人茉莉音だけはこのまま一発屋になってしまう事を拒絶。

歌を歌いたいと強く願う茉莉音は自らの力で鉄仮面を破壊し一発屋を越えたスターの力を見せる。
そんな茉莉音の強い願いを確かめたシャウトはもう一度茉莉音のもとへと戻る事を決めるのだった・・・。

探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_10
探偵歌劇ミルキィホームズTD 第4話_11

ガノターラやら徳島やら、フェザーズの役回りがいつの間にかストーカー・・・もとい都合のいいお助けキャラに

今回も順調にエレメントを取り戻した茉莉音。
この調子だと全てのエレメントを取り戻す日も近いだろうが、肝心の真犯人の正体と動機は何なのだろうか?

次回は珍しく・・・もといいつも通りミルキィホームズの推理が冴え渡るようだが・・・?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 探偵オペラ ミルキィホームズ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

探偵歌劇 ミルキィホームズTD 第4話「一発屋とはなろうとしてなれるものではないのである」

探偵歌劇 ミルキィホームズTD #04「一発屋シテミル」 例え一時でも頂点に立てることは幸せなことなのだろうか。 一発屋になれるのも一握りの人だけなのです。

探偵歌劇 ミルキィホームズTD TokyoMX(1/24)#04

第4話 一発屋シテミル 今夜はアニメのイベントが有ってホテルが確保できていない。マネージャーがホテル確保に走り回る。鉄仮面を運ぶ謎の老人を発見。追い駆けるミルキィホームズ。 立派な屋敷の主人はヨーヨーを持った絹宮サキコ。謎の老人など知らない。一発屋が大好き、茉莉音も一発屋だと褒める。 立派な一発屋になりたいと水泳大会に参加するミルキィホームズ。88個のスタンプを集めれば良い。ワイプで歌うのは...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI