2011夏アニメ 『THE IDOLM@STER』他 まとめ感想 その3

アイドルとマネージャーが二人三脚、地道な営業活動をしスターダムへとのし上がって行く(であろう)『THE IDOLM@STER』。

アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/27)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る


アイドルと一口に言ってもは古今東西様々な作品あり、少女がアイドルとしてデビューし挫折と苦難を乗り越え成長してゆく数十年前から続く正統派。
アイドルが数人でユニットを組み、個人の持ち味と友情を活かしたグループ作品。
さらに近年の超時空要塞で『映画の代役からチャンスを掴み、スターの階段を駆け上がる』超時空シンデレラ作品。

そして、本作のように個々のアイドルのみならず、アイドルユニットとしての成長とそれを支えるプロデューサーの奮闘を描き、共に苦難を乗り越えつつ更には恋愛関係を構築してゆくプロデューサー系作品。

個人的にはプロデューサー系作品として思いつく作品は『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』『らぶドル』でしょうか。

らぶドル STAGE 1 通常版 [DVD]らぶドル STAGE 1 通常版 [DVD]
(2006/12/27)
野川さくら、中原麻衣 他

商品詳細を見る


こちらも1クールながら出来もよく、原作を知らない人間も楽しめる作品に仕上がっていて今でもかなり好きな作品です。

で、本題。
原作は言わずと知れたゲームセンターの雄『THE IDOLM@STER』。

これを素直にアニメ化したのが本作。

第1話の密着ドキュメンタリー風の作風から分かるように、誰か一人が主人公で他のメンバーは噛ませ犬サブキャラクター扱いという偏った展開ではなく魅力あふれるキャラクターそれぞれが主人公
この辺りはそれぞれのキャラクターを応援するファンを意識した良い魅せ方だと思う。

第2話以降は765プロのアイドル全員が所狭しと動き回りつつも基本は一人のアイドルにスポットを当て、そのアイドルが悩み、それに対しプロデューサーがアドバイスや手助けをしたりする手法で展開。

それぞれのキャラクターの魅力を感じながらも一人のキャラの魅力を掘り下げ、さらにデート気分や恋愛気分を味わえるという点で視聴者との一体感が深まりやすく高評価

作画に関してもりなく原作に忠実なデザインと丁寧な作画であった。
この辺のファンに対する心配りが多くのメディアミックスが展開されて来ただけあってよく分かってらっしゃる。

今後の展開としては個人的には奇を衒って巨大ロボットで戦う超展開作品でも面白いかもしれないが、やはり今回の様に原作に沿った作品は原作同様トップアイドルを目指して個人で、事務所で成長してゆく王道展開が一番しっくり来ていい作品に仕上がると思います。

魅力あふれるキャラクターがきちんと目立ち、主人公であるプロデューサーもアイドルを支える。
友情と努力と萌えが同居する上、演出・展開は近年稀に見るバランスのとれた良作品。
しかも、貧しい765プロがアイドルの成長と共に発展してゆくアイドルプロダクション経営の勉強にもなるかも。

【良作度予想】★★★★★


「試験召喚システム」という斬新な手法で学園ラブコメに新風を吹き込んだ作品の続編『バカとテストと召喚獣にっ!』

バカとテストと召喚獣にっ! 第1巻 [Blu-ray]バカとテストと召喚獣にっ! 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
下野紘、原田ひとみ 他

商品詳細を見る


前作から引き続き主人公『吉井 明久』とその級友達が巻き起こすバカな学園生活

今作は前作で主題に置かれていた『試召戦争』は一旦休止し、前作で登場しなんやかんやで親交を深めた他クラスの面々も加えた『学園ラブコメ』が主題のようです。

例えるなら『ローゼンメ○デン』でアリスゲームを行わずに普通の日常を謳歌する感じに似ているでしょうか。
ただ、一転違うとすれば「穏やか」な日常などでなどではなく「命がけのバカ」な日常な所。>流血描写 当社比150%

前作のように戦略を駆使した学園ギャグバトルとラブコメ展開も新鮮な展開で良かったですが、今作のようにラブコメ路線のみでも十分に楽しめる仕上がり。
作画も良好な上、第1話から水着回と視聴者の心をがっちりキープ。

前作は試召戦争を勝ち抜くという着地点が見えていたが、本作はどういう着地点となってくるのか?
試召戦争という本来の持ち味を封印したままなのか、最後の最後で試召戦争という切り札を使うのか?

今後の展開がいい意味で読めず、そこに注目したいと思う。

【良作度予想】★★★★☆


人には言えない秘密を知ってしまった事で始まる恋の物語(?)『まよチキ!』。

まよチキ!?【初回限定版】 [Blu-ray]まよチキ!?【初回限定版】 [Blu-ray]
(2011/09/21)
井口裕香、日野聡 他

商品詳細を見る


学校で人気のイケメン執事『近衛 スバル』は実は女子だという事を知ってしまった主人公『坂町 近次郎』。
スバルは家庭の事情で自分が女である事を秘密にしており、スバルの主人である『涼月 奏』は近次郎に秘密を守る代わりに彼の女性恐怖症の治療を申し出る。

秘密を知った事から関わる事のなかった住む世界の違う住人との接点が生まれ、次第に親密な関係に至るという『乃木坂春香の秘密』でもあったシチュエーションの学園ラブコメ。
しかも、秘密の内容は女子なのに男子として生活しなければならないという『ベルサイユのばら』的な家庭の事情。

これは秘密を共有した二人が恋に落ち、恋と執事という自分の夢(家庭の事情)の間で揺れ動くという物語が描かれそうな予感がビンビン

簡単に言うとメディアファクトリー繋がりで『IS〈インフィニット・ストラトス〉』のシャルロット・デュノアさんと一夏があのまま秘密を守り通したらこんな学園生活だったんじゃないかという事ですね。>えー

昨今のメディアファクトリー作品らしく作画は良好で、展開としてもラブコメ厨のツボを抑えた展開でニヤニヤが止まらない。

面白かったのでコミックも読んでみたが、コミック版は絵柄がアニメ版よりも等身が低くポップなデザイン。
展開もアニメとほぼ同じであるが、気になったのはアニメと違いトラックで轢かれるシーンがあり、この辺りはアニメ版の展開に影響を与えてくるのか?それとも規制に対する配慮か?という所。

作品としては完結をしていないので、おそらくは二人の関係はやはり友達以上恋人未満で最終回を迎えそう。
反響もかなりありそうなので、微妙な二人の関係の完結編を二期以降に期待する。

【良作度予想】★★★★☆

角川GHDについでよく目にするメディアファクトリー製のアニメ化作品。
私の好きな学園ラブコメの比率が高く、個人的には株式上場したら買いたい企業ですね。ハイ。

そんなメディアファクトリーの作品である『まよチキ!』のスピンオフ作品『まよマヨ!』が角川系雑誌『娘TYPE』で掲載中。

まよマヨ! (1) (角川コミックス・エース 336-1)まよマヨ! (1) (角川コミックス・エース 336-1)
(2011/06/24)
栄智 ゆう

商品詳細を見る


さすが角川さん、マジぱねぇっす『THE IDOLM@STER』も公式コミックを出していたり、良コンテンツをトコトン吸い尽くす活用するのが上手い。

アイドルマスター (角川コミックス・エース 186-1)アイドルマスター (角川コミックス・エース 186-1)
(2007/09/26)
バンダイナムコゲームス

商品詳細を見る


ぷちます!(2) (電撃コミックス EX)ぷちます!(2) (電撃コミックス EX)
(2010/08/27)
明音、バンダイナムコゲームス 他

商品詳細を見る



アニメ化やスピンオフ、アンソロジーコミックはファンにとっても嬉しいニュース。
今後も企業の枠を超えた積極的な作品展開を一オタクとして望みます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI