アクエリオンロゴス 第21話「悲壮!背徳の合体」感想

アクエリオンロゴス 第21話_01

突如としてDEVAを襲撃する特殊部隊。
それは創声の書の力によって操られた政府の物であった。

総の企みを悟った櫻子は打開すべく、貮号機をオートパイロットで舞亜のもとへ射出。
その騒動にまぎれて陽を餓号機に乗り創声の書の力を無効化する事に成功するが、その際に努虫が瀕死の重症を負ってしまう

アクエリオンロゴス 第21話_02
アクエリオンロゴス 第21話_04

一方、ネスタ本社で自身が作られた存在である事を知り衝撃を受ける舞亜のもとへ貮号機が到着。
陽を倒す事に執着する総の計画を阻止する為、舞亜はやむなく貮号機で総を銃撃する。

だが、圧倒的な創声力を持つ総を傷つける事はできず、総は陽との決着をつけるためにロゴスワールドへと出撃。
ネスタもまた殺戮の天使達を使い、現実世界を混乱に陥れていく

アクエリオンロゴス 第21話_03
アクエリオンロゴス 第21話_07

陽と合流を果たした舞亜はアクエリオン燦に合体し、総のアクエリオン罰と対峙。
その中で、陽の概念がいまにも消えそうになっている光景を目撃する。

このままでは陽の存在が消えてしまう事を恐れた舞亜は自ら合体を解除。
そして、総と『アクエリオン裂傷』へ合体を行う

アクエリオンロゴス 第21話_08
アクエリオンロゴス 第21話_09

総とネスタ。
二人と共に陽に殺される事を望む舞亜

しかし、陽は舞亜を殺す事が出来ずに苦悶。
そこへ瀕死ながらも出撃した努虫が合流した事で、モジバケを撃退する事に成功する。

アクエリオンロゴス 第21話_10

舞亜の強い抵抗にあう総とネスタはモジバケが倒された事ですぐさま撤退。
基地へと帰還した陽達だが、無理をした努虫は帰らぬ人となってしまう

その事実に恋人であるショウコは悲嘆にくれるが・・・。

アクエリオンロゴス 第21話_06

努虫が撃たれたあたりは少し緊迫感などの演出が足りなかった印象だったが、鳳凰の合体からはこれまでで一番熱い見せ場だった。

これが本当の死なのか、復活フラグなのか?
ショウコの創声力が皆無だった事が伏線になっているのか?

次回、判明する・・・?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アクエリオンロゴス
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクエリオンロゴス #21

『悲壮!背徳の合体』

アクエリオンロゴス TokyoMX(11/19)#21

第21話 悲壮!背徳の合体 ケントの手引で特殊部隊がSHIROBACOを制圧する。 本気か否かは目を見てもらえば分かるはず。 従の文字で操られていた。 総が創声の書の力で日本政府と交渉、操っていた。 日本政府はDEAVAを解体してネスタと手を組む。 ショーコに2号機をリモートで出撃させる。 反撃して陽を餓号機の元に向かわせる。 しかし努虫が撃たれてしまう。 餓号機を起動させて創声の書の力...

アクエリオンロゴス 第21話「悲壮!背徳の合体」

アクエリオンロゴスの第21話を見ました。 第21話 悲壮!背徳の合体 力で政府を従わせた総が力で政府を従わせたことでSHIROBAKOは襲撃され、ショウコを守ろうとした努虫が撃たれてしまう。 それでもオートで発進させた弐号機は舞亜を迎えに向かわせ、陽は餓号機を直接起動させて状況を打開しようとするのだが、ロゴスワールドでの笑のM.J.B.Kとの戦いに苦戦していた。 現実...

アクエリオンロゴス ♯21「悲壮!背徳の合体」

評価 ★★ たった一人の大切な者のために救世主になれる者?   
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI