甲鉄城のカバネリ 第1話「脅える屍」感想

不死者『カバネ』の増殖により滅びつつあった『日ノ本』。
生き残った人々は駅の中に閉じこもり、外のカバネ達に怯えて暮らす日々を送っていた。

顕金駅で蒸気鍛冶をする『生駒』はカバネから隠れ、恐怖するだけの生活に憤りを募らせていた。

そんなある日、乗員がカバネと化した駿城の扶桑城が顕金駅に激突。
住民達は瞬く間にカバネの餌食となってゆく。

人々が逃げ惑う中、生駒は自らが作り出したツラヌキ筒の威力を実証しようと敢えてカバネと対峙。
カバネを倒す事に成功するも、噛まれた傷口から自らもカバネとなりかける。

しかし、死の危険を顧みずに血流を抑制した生駒はウィルスが脳に達する事無く、カバネ化を回避する・・・。


どこかで見た定番設定なので斬新さはないが、その分ハラハラドキドキ感は及第点。
無名の和装はかなりエロ良かったが、どうも横乳衣装にかわるようで残念だがそれはそれで・・・

主人公にしては武器が少し貧弱な気がするが、変に空を飛んだりするよりは現実的なのか・・・?

生駒の肉体はどうなったのか?
そして、カバネの正体などの謎も解けるといいが・・・その前にほぼ全滅展開がある?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ #01

『脅える屍』

【甲鉄城のカバネリ】 第1話『脅える屍』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第1話『脅える屍』 感想(画像付) 劇場版みたいという前評判を裏切らない高画質! 時代劇 + スチームパンク + ゾンビ物、 欲張りな設定のハイブリッド作品ですね。 カバネリ相手に、ツラヌキ筒で戦えるのか? 続きが気になるオリジナル作品です。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ フジ(4/07)#01新

第1話 脅える屍 甲鉄城を襲うカバネ、噛まれると発症するらしく、 流血した乗員は自決を余儀なくされる。生駒は新しい蒸気銃を開発していた。特に新しい炸裂弾の開発を考えていた。 カバネと戦うのは武士の仕事、蒸気技師の生駒も 戦いたかった。予定よりも早く甲鉄城が顕金駅に到着した。惣谷駅が陥落したかららしい。乗員の検閲が始まる、噛み跡が発見されれば カバネの可能性がある。噛み跡を発見された男が逃げる...

甲鉄城のカバネリ 第1話 脅える屍

カバネリ始まったぞぉおおお!!!

甲鉄城のカバネリ 第1話 『脅える屍』 進撃のゾンビ...主人公の覚悟半端ねぇ!!

美樹本キャラが21世紀の作画でアニメ化!美しい。いやホントビックリしましたよ。そしてそれ以上に主人公のド根性振りに圧倒された。優男キャラに見えて彼には男塾魂が宿っている模様です。  敵がゾンビって厄介ですよね。襲われた人もまたゾンビになる。都合2人分戦力差が出来ちゃう訳ですから。 駅が要塞!往来は装甲列車!守るは武士!!カバネと呼ばれるゾンビが跋扈する日ノ本で人々は駅を城塞都市化し...

それだけは殺させないために【アニメ 甲鉄城のカバネリ #1】

甲鉄城のカバネリ 第1話 脅える屍 「今度こそ俺は… 俺の誇れる<俺>になるんだ―」 この尊厳だけは殺させない 和風スチームパンク 威風堂々の開幕!
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI