甲鉄城のカバネリ 第8話「黙す狩人」感想

甲鉄城のカバネリ 第8話_01

倭文駅にあらわれた『美馬』は無名をはじめとした多くの人々の信頼を得る英雄であった。
しかし、生駒は無名に弱いものを切り捨てる考えを教えた美馬を信じきる事が出来ないで居た。

そんな中、幕府側の策謀により倭文駅をカバネの群れが強襲
美馬は狩方衆を率いてカバネ狩りへと打って出る。

甲鉄城のカバネリ 第8話_02

鍛え上げられた狩方衆によって次々と狩られていくカバネ。
その最中に、幕府側の刺客として榎久が美馬の前に姿をあらわす。

美馬は切り掛かる榎久を一蹴。
自らに刃を向けた榎久を笑いながら斬殺する。

その光景を目撃した生駒は美馬が英雄ではない事を確信する

甲鉄城のカバネリ 第8話_04
甲鉄城のカバネリ 第8話_05

美馬への疑念を深めた生駒は無名を甲鉄城に連れ戻そうと考える。
だが、無名は生駒の言葉にも耳を貸さず、自らをカバネリにした元凶である美馬のもとに残る事を選択する

一方、10年前の真実を聞き出した美馬は倒幕への思いを更に強めるのであった・・・。

甲鉄城のカバネリ 第8話_03

鍛え上げられた狩方衆を率いる美馬だが、その目的は人を助けるというよりも復讐の模様
みんな騙されているのか?それとも分かって付き従うのか?

早々に甲鉄城と溝を作った美馬は、幕府に宣戦布告・・・する?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/02)#08

第八話 黙す狩人 無名が兄様と慕う狩方衆の美馬。生駒を甲鉄城のカバネリとして紹介する。体調検査のために恙見所に向かえ。弱いものは死ぬしか無いと無名に教えた方ですよね。生駒は美馬を信じられず、確かめるつもりだった。菖蒲を黒城に招待する途中で蒸気機関を修理する。生駒も手伝い、二人で話す。生きるとは戦って勝つことだよ。 倭文駅に多数のカバネが迫ってきた。群れの数は7つ、壁沿いなので群体になる恐れは...

【甲鉄城のカバネリ】 第8話『黙す狩人』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第8話『黙す狩人』 感想(画像付) 戦いに非情な美馬兄様…。 やはりラスボスになりそうな感じ(^^; 無名ちゃんは完全に信じてるし、生駒と不和になっていきそう。 どうなるのか次回も気になる!!   以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ 第8話 黙す狩人

美馬様・・・・色々と黒すぎぃ!

甲鉄城のカバネリ 第8話 「黙す狩人」 感想

お兄ちゃん大好きな無名ちゃん

甲鉄城のカバネリ #08 「騙す狩人(かりびと)」

== 各々の信ずるもの ==  どうも、管理人です。アニメ消化が追い付かないので、色々と順番を入れ替えつつの更新。中々ままならないものよ。 === 生駒:「行くな、無名!!」 ===  今回の話は、美馬の光と闇を描いた話。前回ようやく登場となった美馬ですけど、まあ言うまでもなくそういうキャラでしたか。出会い頭のやりとりからして、あの一行自体が胡散臭いというか周りとの温度差があっ...

甲鉄城のカバネリ 第8話 『黙す狩人』 生駒の突っかかり方も変だけど兄様はブラック。

いきなり喧嘩腰。弱い者は死んで当然、そう無名に教えた方ですよね。 初対面でその態度は拙いんじゃないの。序盤からピリピリムードです。弱肉強食=弱いものには生きる権利がないというなら頷けません。隠れて身を守ることじゃなくて、立ち向かうこと。そっちの話なら生駒も共感出来ると。ちょっと和解ムードが漂ってきました。  陰謀が動き出す。死体を餌にカバネをおびき寄せ。当主としてはこんな...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI