甲鉄城のカバネリ 第10話「攻め上ぐ弱者」感想

甲鉄城のカバネリ 第10話_01
甲鉄城のカバネリ 第10話_02

美刃により占領されてしまった甲鉄城。
自由を奪われた人々は強制的に血を採取され、生駒も牢に幽閉されてしまう

甲鉄城のカバネリ 第10話_03
甲鉄城のカバネリ 第10話_07

美刃への憤懣を募らせる人々が生駒と共に反抗の時を伺う中、無名は人々の安全を嘆願
表面上は無名に優しい言葉をかける美刃だったが、自らの意に沿わない無名を危惧。

生駒達が反乱を起こす事を予期していた美刃は生駒達を止める事を拒絶した無名に薬を投与
自我を奪い、命令に従う人形に変えてしまう。

甲鉄城のカバネリ 第10話_05
甲鉄城のカバネリ 第10話_06

美刃の思惑を知らずに反抗作戦を実行に移した生駒達。
駿城の鍵を奪い、順調に克城の機関室へと迫る。

だが、そこで待ち構えていた美刃の凶弾によって逞生が倒れる

甲鉄城のカバネリ 第10話_08
甲鉄城のカバネリ 第10話_09

親友の死に絶望する生駒。
そこへ、更に操られた無名があらわれ生駒へ刃を向ける。

突然の事に動揺する生駒は抵抗する間もなく無名に体を貫かれ、克城から落とされてしまうのであった・・・

甲鉄城のカバネリ 第10話_10

カバネよりも人間同士の怨嗟が加速してきたエピソード。

将軍はあっさりと殺されそうだが、美刃はその後に何を考えているのか?
そして、重症を負った生駒は再起して無名を救えるのか?

来栖の持っていた薬あたりが鍵になりそうだが・・・?

そういえば、パチンコ化が決定したらしいが・・・?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 感想

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ フジ(6/16)#10

第十話 攻め上ぐ弱者 強い者が生き残り弱い者が死ぬ、それが世界の理。それを認める訳にはいかない、美馬を除くべきだ。 甲鉄城の人々は軟禁され採血される者とそうでない者に 仕分けられていた。克城の手伝いをする巣刈は裏切り者と思われていた。美馬は菖蒲に金剛郭への入場に叔父の力を借りようと交渉する。菖蒲の叔父は老中牧野だった。12年前のカバネ討伐で置き去りにされた美馬。それまではカバネを制圧できてい...

甲鉄城のカバネリ #10 「攻め上ぐ弱者」

== 絶望をその手に刻め ==  どうも、管理人です。結局、咳の調子があまり良くならないまま、また週末を迎えてしまったなどと。とりあえず、ちょっと対策考えましょうか。 === 美馬:「感想を言ってみろ!」 ===  今回の話は、甲鉄城チームの一揆(あながち間違ってない)を描いた話。しかしまあ、毎度言ってますが、美馬さまがただの復讐者でしかなくて、キャラの魅力が死んでるのが本当勿...

甲鉄城のカバネリ #10

『攻め上ぐ弱者』

【甲鉄城のカバネリ】 第10話『攻め上ぐ弱者』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第10話『攻め上ぐ弱者』 感想(画像付) やっぱりメタボキャラが犠牲になるんか… 逞生ーー!! 生駒が片腕を落とされ本当にどうなるんだろう? 無名ちゃんも精神支配されて、このあと逆転あるのか? 劇場版に続くとかじゃないよね?w 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想

献血にご協力ください(強制)

甲鉄城のカバネリ 第10話  攻め上ぐ弱者

美馬って実は変態でしょ・・・・
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI