ブラビアのモーションフローとシネマドライブのオススメ設定

倍速駆動(モーションフローXR240)の4Kテレビ「BRAVIA KJ-49X8300D」を購入。



プラズマテレビからの買い替えだったが、画面の解像度がフルハイビジョンから4倍。
しかも、4Kアップコンバートやコントラスト補正の性能も進歩しているのか、色彩や明暗の幅ともに美麗で大変満足

まぁ、「実際に目の前にあるかのような・・・」という10年以上前から使い古されたキャッチフレーズもかなり真実に近づいた印象。>えー

個人的には一番危惧していた液晶独特の残像やブレも肉眼では気にならない程度。
ブラビアのモーションフローがかなりヌルヌルだという噂を聞いていたが、『なめらか強』だと想像以上にヌルヌル
さすが4倍速相当、10年前に鋭角社が亀山で作っていた2倍速液晶の残像が嘘のよう

BRAVIAモーションフロー

ただ、残念なのはシネマドライブを強くしすぎると動きの激しいシーンで違和感のあるぎこちない動きになってしまう・・・というか補正しすぎて気持ち悪いぐらいにヌルヌル
オートで番組に最適な設定を選んでくれるので何もせずともよいのだが、折角搭載されているシネマドライブは使わずに「切る」が一番最適にフレーム補間してくれる模様。

それを踏まえて、折角の4Kをフルに活用できるよう個人的な好みに調整。

明るさ『40』
黒補正『高』
コントラスト補正『高』
色温度『中』(※室内照明にあわせて)
ライブカラー『高』
シャープネス『70』
モーションフローXR240『クリア(インパルスモード?)』
シネマドライブ『切』


クリア(インパルスモード?)だと画面が暗めになってしまうのが難だが、これでニュース番組からスポーツ中継まで幅広く、クリアな画像で楽しめた。
モーションフローの補正技術が発揮される「なめらか強」や「なめらか」設定でもなめらかで残像やブレはないが、個人的には「クリア」が自然なスムーズさで一番しっくり

「Android TV(TM)アプリ」でネット番組も視聴でき、大変満足。
コントラスト補正や超解像技術は日進月歩で数年すれば更に高画質のテレビが普及してるだろうから、それまで大切に活用していきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

tag : モーションフロー シネマドライブ

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI