侵略!?イカ娘 第12話Cパート 『やっぱり祭りじゃなイカ!?』感想

イカ娘第12話023

「あむっ」
「甘いのにシュワっと消えてなくなったでゲソ」


イカ娘第12話024

「甘いという記憶だけが残って、その甘さも曖昧で」
「何だか虚しいじゃないか」
「まるで人との付き合いのようじゃないか」


だが、祭りに来てまでも険悪なムードが収まらず二人は結局別々に行動し、イカ娘は清美達と祭りを回ることになった。

初めて見る縁日の出店の商品に興味津々で楽しんでいるように見えるイカ娘だが、栄子の事が心の片隅にあるせいか些細な事でマイナス思考に陥ってしまう。

イカ娘第12話025

「些細な事でじっとり粘着、全てを台無しにする」
「やっぱり人との付き合いのようでゲソ」


顔にわた菓子を付けながらレイプ目虚ろな目で人間関係について思索するイカ娘。
栄子との諍いを後悔し、絶望してしまっているのだろうと本心が伺えるシーン。

個人的にはレイプ目=催眠・洗脳と、ちょっと発情してしまった自分が誇らしい恥ずかしい。

イカ娘第12話026

「成る程、生きてる魚を小さな網で追い回し、さらに小さなビニール袋に閉じ込める」
「人間も残虐な事をするものじゃないか」


イカ娘第12話027

「違う逆だ」
「この四角い囚われの牢獄から、人間が救い出してやるんだ」
「ふっ」

「そうだったのでゲソか?」

夏の風物詩である金魚すくいを目にし、人間の残虐非道さを感じ取る。
だが、金魚すくいの店を運営していた南風の親父の言い分によると人間が金魚を救うから金魚すくいなのだそうだ。

いや、仮に人間が救っているとしても「その状況」をつくりだしたのは・・・

イカ娘第12話028

「これからは自由に生きるでゲソよ・・・」

イカ娘第12話029

「清美・・・、みんな・・・?」

南風の親父の店から無事に金魚たちを救い出したイカ娘はそのまま家に連れて帰るのではなく、自由に生きていける様に神社の池に放流をしてやる事にする。

だが、放流した後にふと後ろを振り返ると一緒に居た清美達が居らず自分がはぐれてしまった事に気付く。

イカ娘第12話030

「イカ娘ちゃんが迷子?」
「はい、すいません」

一方、消えてしまったイカ娘の事を心配する清美達は手分けをして探すが見つからず千鶴達に報告をする。
事情を聞いた千鶴達も心配しイカ娘を探そうとするが、栄子だけは複雑な表所をしながらもその中に加わろうとまではしなかった。

イカ娘第12話031

「清美達はどこへ行ったでゲソ?」
「さっぱり検討がつかないじゃなイカ」


イカ娘第12話032

夏祭りの人混みの中、一人で清美達を探すイカ娘。
だが、人波に翻弄され転んでしまい下駄の鼻緒も切れてしまう。

イカ娘第12話033

「こ、これ・・・」
「はっ、イカ娘?」
「嘘だろ、アイツが溺れるわけが・・・そんな事あるわけ・・・」


雨が降り出し、祭りに来ていた人々は屋根のある場所へと避難する。
だが、そんな中いつまで経っても見つからないイカ娘を心配した栄子はついに自分からイカ娘を探しまわるのだった。

そして、池の側に落ちている下駄を見つけた栄子は某ジブ◯映画を思い出しイカ娘が池で溺れたのではないかと勘違いをして池の中まで入りその姿を探す。

イカ娘第12話034

「見間違い、勘違い、仲違い」
「すぐに改めればいいのだけれど」

「アンタ、一体・・・?」
「アナタの手を差し伸べてあげて」

イカ娘が池に落ちたというのは勘違いで安心する栄子であったが、結局イカ娘の手掛かりは見つからず途方に暮れそうになる。

そんな栄子の前に謎の女性が現れ栄子とイカ娘の事を知っているかのような助言を残しさってゆく。

彼女こそ、1期でイカ娘に対し「あなたはひとりぼっちじゃない」と言っていた『田辺 梢』さんその人。

イカ娘第12話035

「これ、栄子の大事にしてた浴衣と下駄でゲソ」

イカ娘第12話036

「馬鹿だなぁ、また怒るとでも思ったのか?」

何の手掛かりもない栄子は藁にもすがる思いで見ず知らずの怪しい人物初対面の不思議な女性の言葉を頼りにイカ娘を探し、神社でうずくまっていたイカ娘を発見する。

そして、互いが胸に抱えていた思いや後悔を告白し、両者が相手を思いやっていた事を再確認し仲直りを果たす。

イカ娘第12話037

イカ娘第12話038

「あっ、あら」
「イカちゃん」
「イカ姉ちゃん」
「イカちゃ~ん、もう心配したんだからぁ」

『それはまぎれもなく ヤツさ』

心配していた千鶴達の前に栄子とイカ娘が二人で戻って来る。
それを見た全員が、「イカ娘が無事だった」事と「二人が仲直りした」事の二つが両方解決した事を悟り一安心をする。

イカ娘の行動に振り回され、イカ娘の事を心配させられる日々。
それは既にイカ娘がとても大事な存在として人々の心のなかに居る事に他ならない。イカ娘第12話041

「私たち、もうとっくに侵略されてるのかもしれないわね」

『それは、あなたの心です』

イカ娘は何も侵略していないようでいて、もう既にみんなの心を侵略しているのかもしれない。
そんなまたまた某宮◯映画を彷彿とさせられるシーンだった。

イカ娘第12話039

「栄子、アレは何でゲソ?」
「盆踊りだよ」
「今日はみんなで、踊って楽しむんだ」

「おぉ~」
「なら、私達もみんなで踊ろうじゃなイカ」


祭りのクライマックス、初めて見る盆踊りを前にして興奮を抑え切れないイカ娘は栄子の手を引き、連れ立って盆踊りの輪の中に飛び込んでゆく。

見ず知らずの事に積極的に飛び込んでゆくこのバイタリティーは見習いたいものだ。

イカ娘第12話040

「やっぱりお前とは二度と口を聞かん」
「望むところでゲソ」

そして、ED後。
結局、喧嘩はいつもの事だと言わんばかりに些細な事で再び喧嘩を始める二人。

これはきっと二人の関係が嘘をつかず、キチンと言いたいことを言い合える「対等な関係」を表しているのだと思え、千鶴の言うように人類とイカ娘の友好関係は着実に築かれている事がよく分かるエピソードだった。

イカ娘第二期も今回で最終回。
普通の日常もイカ娘視点での切り口で彩られ、毎回ほぼ水着回で言うことなし。毎回新鮮な面白さがある作品だった。

惜しむらくはコレといったロリ生命礼賛キャラが居なかった事。
もし、金髪でコケシを抱えた「まは」みたいなキャラが居たなら視聴率40%は固かっただろう。>えー

いつも思うのだが、1クールの作品は長いようであっという間に終わってしまう感があり寂しく思える。
来年の今頃、原作が溜まっていたなら是非とも三期目の制作をお願いしたい。

最後に、最終回までテンポよく作画も良好に保ってくれたスタッフさんに感謝。

侵略!? イカ娘3【初回限定(全巻収納BOX&ミニイカ娘フィギュア) [Blu-ray]侵略!? イカ娘3【初回限定(全巻収納BOX&ミニイカ娘フィギュア) [Blu-ray]
(2012/02/15)
金元寿子、藤村歩 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎侵略!?イカ娘第12話「訓練しなイカ!?祭りじ...

イカムスメが海の家を侵略開始。まず手始めに、エビチャーハンを捧げるでげそ。そして、侵略部のキヨミがやってくる。侵略に向けての訓練だった。エ:お前をここから追い出す訓練か...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI