2012冬アニメ 『戦姫絶唱シンフォギア』第6話までまとめ感想

戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング4 雪音クリス戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング4 雪音クリス
(2012/03/28)
雪音クリス(高垣彩陽)

商品詳細を見る


シンフォギア300

二度に渡るノイズとの接触と命の危機により戦姫として目覚めた『立花 響』。
しかし、戦姫となった経緯がもう一人の『風鳴 翼』の親友であった『天羽 奏』の死と関連していた事もあり響に対して複雑な感情をいだき受け入れられずにいた。

シンフォギア401

一向に距離が縮まらないままノイズと一緒に戦い続ける二人の前に中ボス強敵として現れた謎の戦姫『雪音 クリス』。

シンフォギア400

完全聖遺物を身にまとうクリスの前には翼ですらも力が及ばず、最後の切り札である絶唱を使い何とかしりぞける。
だが翼は絶唱の反動により生死の境を彷徨う事になり、響は足手まといになる自分の無力さと翼の孤独を痛感する事になる。

シンフォギア500

『鉄壁の防御とされる空手の”前羽の構え”か・・・』

翼を助けられるようになるため弦十郎に弟子入りし、特訓を受け翼の代わりに戦姫として必死にノイズと戦う響。

シンフォギア501

シンフォギア502

完全聖遺物『デュランダル』の強奪に際しては、その秘められた能力によってデュランダルを発動させ翼と互角以上に渡り合うクリスをも震撼させる潜在能力を見せる。

シンフォギア600

「今はこんな状態だけど、報告書は読ませてもらっているわ」
「へっ?」
「私が抜けた穴をあなたがよく埋めているということもね」

翼は響の前向きな人間性とその成長を知り、徐々に仲間として認めるようになっていく。

シンフォギア601

「守りたい物があるんです、それは何でもないただの日常」
「そんな日常を大切にしたいと強く思っているんです」


覚悟という物を具体的にイメージできない響だが誰かを守りたいという自身の願いは自覚しており、それが戦姫として戦う為の響なりの覚悟なのであった。

シンフォギア602

「私たちはノイズと違って言葉が通じるんだから、ちゃんと話し合いたい」

人間どうしで戦う事を嫌う響は敵であるクリスとも和解しようとするが、それがかえってクリスの逆鱗に触れ話し合いでは解決できず戦う事が避けられない状況となる。

シンフォギア603

本気で響を倒そうとするクリスに対し、響は最初の頃のように遅れをとることもなく冷静に対処し逆に冷静さを欠くクリスを追い詰めるのだった・・・。

ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ 戦姫絶唱シンフォギアヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ 戦姫絶唱シンフォギア
(2012/04/14)
ブシロード

商品詳細を見る


響の存在を受け入れられない翼との確執、ノイズの存在や謎の敵と交錯する各国の策謀。
色々な要素が散りばめられ複雑な物語となるように思われたが、開けてみるとかなりテンポよくサクサクと物語が進んでゆくのは見ていてストレスフリー。

その反面、キャラクターの入退場が早いというか描写不足気味に感じられ感情移入がしづらい。
日曜日朝にやってる番組並に、三人目が仲間になるまで学校の友達との日常エピソードがもっとアレばいいのに・・・。

謎めいた人物と、その謎の目的。
クリスや翼たちとの関係。

後半もいろいろな要素がテンコ盛りで待っている状態なので、サクサクと進みながらも丁寧な展開を期待したい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI