2012冬アニメ 『ラストエグザイル-銀翼のファム-』まとめ感想

『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.01 【初回限定生産版:村田蓮爾設定画集(ファム/ジゼル)/プレミアムDVD付き】『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.01 【初回限定生産版:村田蓮爾設定画集(ファム/ジゼル)/プレミアムDVD付き】
(2012/01/25)
豊崎愛生、悠木碧 他

商品詳細を見る


img_1597208_48697293_0.jpg

2009年『咲-Saki-』の放送途中でGDHが上場廃止し、エンディングクレジットが『第5スタジオ』となったりして話題となったのは記憶に新しい所。
以後ほそぼそとアニメーション制作を続けておられたGONZO久々の期待作『ラストエグザイル-銀翼のファム-』。

銀翼のファム100

前作『LAST EXILE』からリアルで約8年、作中でも2年ほど経過しているらしく登場人物や舞台が一新。
物語の冒頭はヴァンシップ等の技術的な側面が共通している以外はまったく未知の状態で、物語が進につれ徐々に世界の現状や過去の事象との繋がりが明かされてゆく前作を踏襲した流れとなっていた。

具体的な内容としては軍事力を背景に世界統一を目論むアデス連邦の宣戦布告により一方的に蹂躙されるトゥラン王国の皇女『ミリア・イル・ヴェルク・クトレットラ・トゥラン』。
そんな彼女と偶然出会った『ファム・ファン・ファン』と『ジゼル・コレット・ヴィント』を中心に繰り広げられてゆくファンタジックな心温まるヒューマンストーリー。

銀翼のファム105

序盤は空賊であるファムがミリアが国家の復興する手助けしようとするという流れであったが、絶えず起こる戦争と貧困にあえぐ世界の現状や人々の憎しみによる怨嗟を目の辺りにして徐々にミリアの為だけではなく、世界全体が平和となる事を願う様になってゆき、最終回にはファム達の働きかけによりそれまで敵対していたり距離を置いていたキャラクター達が一丸となって世界平和のため、協力して『ルスキニア・ハーフェズ』の目指す武力による世界統一を挫くという流れ。

物語の途中で前作のキャラクターである『ディーオ』や『タチアナ』も登場してファム達の助力となるなど前作を知っていればニヤリと出来る場面もあるが、目立ちすぎない配慮ある役回り居る事で物語を大きく左右しないレベルの役回りなので前作を知らずとも、主人公たちが自分の力で物語を切り開くという重要な部分はちゃんと楽しめる展開だった。

銀翼のファム200

最終回では前作の主人公『クラウス・ヴァルカ』が『ラヴィ』との子作りに励みすぎたせいか、車椅子姿で登場。>えー
グラン・レースにも出場することなく、新たな世代を暖かく見守るポジションとしていい絡み方だったと思う。

銀翼のファム104

全体としては作画、キャラクター、世界観の設定。
どれをとってもクオリテーが高く、なかなか良い出来だったと思う。

ファムやミリアが徐々に自分達だけではなく、世界全体について考えるように成長する過程はしっかりと描かれ、序盤こそ出番が少なく思い入れが少なかったアデス連邦の面々も中・後半にかけてキャラクターの個性がそれぞれハッキリと立っていた。
しかし、主人公のファムが女性であった事もあり、前作であった物語の進行に連れてナビ以外の女性キャラの登場により女性関係のゴタゴタ試される二人の絆などがあまり感じられなかった。

独創的な世界観も踏襲され、戦艦同志の艦隊戦も迫力があった。
シルヴィウスの突出した戦闘能力も凄まじく、出番はそれ程なかったものの要所で格好いい見せ場があったのは良かった。

新たな世界(地球)に舞台を移し、前作よりも国家間の争いやキャラクターの立場や心情が複雑となっており、最後はファム達の望むような平和な世界をどうやって実現するのかと思っていたが、ルスキニアが憎しみを一身に背負って世界が一つにまとまるという個人的に序盤で想像しいた通りの大団円。

実に手堅く仕上がっていた、反面定石通りの展開で先述の通り序盤から最終回がなんとなく予想できてしまい予想を覆すような展開とならなかったのが残念

原作がない分、謎や伏線をもう少し盛り込んで上手く配した展開であればより盛り上がったと思うが、やはり旧キャラクターを絶妙な具合で絡ませつつ、新キャラクターだけで頑張って壮大な物語を繰り広げる作品を作ってみろと言われるときっと無理なのでコレくらいでも十分に記憶に残るレベルの良作ではある。
ただ、やはり名作というには何かが足りない作品でもあった。

銀翼のファム103

『あ~~~、聞こえんな!!』

【良作度】★★★☆☆

ラストエグザイル    砂時計の旅人 (1) (角川コミックス・エース 357-1)ラストエグザイル 砂時計の旅人 (1) (角川コミックス・エース 357-1)
(2011/12/19)
ムラオ ミノル

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェラガモ アウトレット

アニメ色の株主優待 2012冬アニメ 『ラストエグザイル-銀翼のファム-』まとめ感想
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

*保有銘柄
【2222】寿スピリッツ
【2229】カルビー
【2294】柿安本店
【2404】鉄人化計画
【2590】ダイドードリンコ
【2702】日本マクドナルド
【2809】キユーピー
【2810】ハウス食品グループ
【2811】カゴメ
【2897】日清食品HD
【3392】デリカフーズ
【4578】大塚HD
【4816】東映アニメーション
【5185】フコク
【7832】バンダイナムコHD
【7844】マーベラス
【8267】イオン
【25935】伊藤園第一種優先株式
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
AMAZON人気書籍
ビジュアルリンク


Twitter
楽天市場
リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI