2012冬アニメ 『輪廻のラグランジェ』まとめ感想

輪廻のラグランジェ お守り ラン -心願成就-輪廻のラグランジェ お守り ラン -心願成就-
(2012/03/30)
ブロッコリー

商品詳細を見る


輪廻のラグランジェ700

「家族になってくれてありがとう」

ヴィラジュリオとの戦闘の際、『ムギナミ』との仲違いにより激昂した『京乃まどか』によって引き起こされた輪廻現象によりウォクスパイロットが全員意識を消失し事態は強制的に収束を迎える。
程なくして意識を取り戻したムギナミと一緒に風呂に入り彼女の生い立ち等を知り、ムギナミの事を許し仲間として受け入れる事を決めるまどか。

輪廻のラグランジェ1000

「京乃まどか、このカーニバルに出展されている料理を全部持って来なさい」

そして、物語の鍵とウォクスの謎について限りなく誓い場所に居るであろう人物『アステリア・リーザマリー・ド・ロシュフォール』が来日。
彼女は「ウォクス・アウラ」と「輪廻」を危険視するアステリアはまどかがアウラに乗って出撃する事を禁じ、さらには秘密裏にヴィラジュリオ達とも接触するなど謎めいた行動をとる。

輪廻のラグランジェ1001

「あなたは失う事の恐さを思い出してしまったのよ」

打ち解けた三人は一緒に鴨川での楽しい日々を過ごし、ジャージ部としての活動に励む。
それはこれまで直向きに一人だけで活動し続けてきたまどかにとって、その日々はとても満ち足りたもので、それ故に三人でいる時間を失う事に焦燥感を抱くようになる。

輪廻のラグランジェ1002

「戦うということは大切な者を失う恐怖に向き合うこと。あなたにはその覚悟がある?」

ヴィラジュリオが率いる大部隊が迫る中、まどかを置いて二人だけで出撃してしまったランとムギナミ。
二人が自分の知らぬ所でまどかの事を心配し、勝手に出撃した事に悲しみと寂しさを感じたまどかは二人の後を追い暴走する事をも覚悟しアウラで出撃する事を決意。

輪廻のラグランジェ1200

「どうして、大切な人ばっかり・・・」

ヴィラジュリオ達との戦闘の最中、まどかの叔母『中泉ようこ』の負傷した事をきっかけに再びまどかの乗るアウラが暴走し再び輪廻現象が起きる。

輪廻のラグランジェ1201

「アナタが選ばれたのは事実。でも、出来るかどうかは未知数。」
「これってつまりは全てあなた次第って事」


輪廻現象により、向こう側の世界に引きこまれたまどかはそこで『暁月のメモリア』でお馴染みのユリカノ。
以前にこの世界にやって来て入れ替わりにここに留まる事になった彼女は、やって来たまどかに対し一つの道標を与えて元の世界に送り返す。

輪廻のラグランジェ1203

「どう、少しは見所ありそう?私の妹」
「ええ、とんでもない子ね・・・京乃まどか」

自分は自分なりのやり方で、出来る事をしてゆくと決めたまどかは輪廻現象の暴走を抑える事に成功。

だが、直後にアウラが機能停止し、アウラはヴィラジュリオの猛攻により窮地に立たされる。

輪廻のラグランジェ1202

「またね」
「またね」

そんなアウラの危機に『フィン・エ・ルド・シ・ディセルマイン』率いるポリヘドロンの艦隊が到着し、残存するヴィラジュリオ勢の敵を倒してゆく。

状況は一転。
ヴィラジュリオ勢は撤退し、ムギナミもそれに付き従い地球を離れてゆく。

そして、ランもまたディゼルマインと共に母星へと戻る事になりまどかは再び孤独なジャージ部となってしまうのだった。

輪廻のラグランジェ1204

「私はこの宇宙を安寧と惨禍でこしらえた、永遠のループに引き込んだ魔女」
「でも安心して、必ず消えうせるから」

「・・・っ」
「まどかが絶ち切ってくれればね、この輪廻を」

『ビキニはすぐにペロンペロン♪』

すべてが終わり、平和な日常に戻った鴨川。
まどかの元にはムギナミからの手紙も届き、以前と同じでも孤独ではないという実感を感じるのだった。

そして、未だに謎が明かされない輪廻について胸に刻まれた紋章を見せながら謎の発言をするアステリア。
すいません、見えにくいんでもう少し水着をペロンとやってもらえませんか?

分割2クールということで、一端の終幕となった『ラグりん』。
序盤は丁寧な展開にしてゆく手法なのかともおもったが、後半にかけてもペースやテンポがあがらず今ひとつ。
巷では自治体とのタイアップ事例として取り挙げられてある意味話題となっていたが、個人的には残念な仕上がりとなってしまっていたと言わざるをえない。

物語の展開は突如現れる謎の敵と、唐突に乗り込む事になるロボット。
所々でチラつく謎の力と、それを勿体ぶる異端視する人物達
定番でありきたりな展開が散見され、ある意味で独創的な部分が鴨川だけじゃないですか?と思う程。

無為にゆったりとしている部分が多いかと思えば、重要な場面では逆にサクサクと展開し色々と抜け落ちて盛りあがるべき展開に熱くなれない仕上がりだった

落語天女おゆい 1 (サンデーGXコミックス)落語天女おゆい 1 (サンデーGXコミックス)
(2006/03/17)
いけだ たかし

商品詳細を見る


個人的にどことなく、もう殆んどの人間の記憶に残っていないであろう『落語天女おゆい』を彷彿とさせられた
あちらも落語芸術協会の75周年記念作品として無理矢理落語を埋め込んだせいで、あまりにも一般受けしない凡作となっていた。

ただ、あえて言うなら原作の販促や関連玩具の販売収益を目的とするアニメや特撮のように何らかの関連利益を目的とする作品は昔からあった。
聖地巡礼目当てでも、その派生だと考えればよい。

あとは、その比率の問題だったのだろうか・・・それとも演出の・・・。
なんにせよ終わってしまった事は省みて反省すればよいので、二期に活かしてくれる事を期待する。

【良作度】★★☆☆☆

輪廻のラグランジェ お守り 京乃まどか -無病息災-輪廻のラグランジェ お守り 京乃まどか -無病息災-
(2012/03/30)
ブロッコリー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI