2012冬アニメ 『あの夏で待ってる』まとめ感想

あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012/03/23)
戸松遥、島崎信長 他

商品詳細を見る


沖縄での旅行でコレまでの『貴月 イチカ』『霧島 海人』の微妙に煮え切らない関係に海人の幼馴染『樹下 佳織』の登場で一石が投じられ、徐々に加速してゆくイチカと海人。

そして、例によると最後まで発覚しそうでしない宇宙人という秘密が途中で発覚。
この事でイチカがやがて宇宙に帰り離れ離れになってしまうという焦りがイチカと海人の中に生まれる。

やがて他の人物たちそれぞれが自分の気持に素直になり勇気を持って告白をした事に影響された二人は互いの気持ちに素直に向き合い結ばれる。

そんな二人が最終回い向けて、帰らなければいけない運命に海人たちが一致団結して抵抗。
第1話からの謎であったイチカが探し求めていた場所にたどり着き、イチカの強制送還を止められる事を目指す。

だが、必死の抵抗も虚しく折角たどり着いた場所にはイチカの強制送還を止める事はできず、想いが通じあったイチカと海人は引き裂かれてしまう。
あの夏で待ってる1200

「迎えに行きます、絶対に行きます」

あの夏で待ってる1201

「うん、待ってる」

二人の別離に際して作品名を彷彿とされる言葉が交わされ、あぁ辛い別れでも前向きに捉える「時をかける少女」的な短い一夏のボーイ・ミーツ・ガールの淡い恋物語と成長の群像劇で終わりなんだなぁと思いました。

エピローグでは以前と違い、少しだけ距離が変化した人間関係と、それぞれの成長が描かれ辛い別れを引きずりながらも止まらずに歩んでいく海人の1話からの成長には結構感慨深かった。

あの夏で待ってる1202

「って、宇宙船はどうしたんですか?は、壊れた?また?」

しかし、最後に檸檬先輩の言葉通りにラストシーンで・・・。

あれ?
「あの夏で待ってる」とラストにイチカが言ったりしてENDと表示されて爽やかな青春群像劇で終わりかと思いきや、ラストでまさかのオチ。

どこかのおねがいな宇宙人は地球人と夫婦になるため、必死の思いで帰ってきたというのに・・・。
あの感動を返せっ。>えー

きっと宇宙では宇宙船の故障による行方不明者が多くて、一人くらい未開の惑星で確信犯的に失踪しても気にしな
いんだろう。
さすが宇宙、スケールに見合った寛大さだ>えー

ノスタルジックな田舎の雰囲気が漂い、題材としても高校生達の淡い恋模様+SFという物で目新しさはなく、いい意味で変な派手さはく作画や展開は基本をしっかりと抑えた丁寧な仕上がり
登場キャラクターにも過去作品のような勢いを感じられず、恋愛模様とその描写などは及第点レベル。

最初に仕掛けられていた謎や伏線、所々で匂わされていたMIBが最後にかけてまさかの実話である事が判明するなど少し一歩的で極端なところはあるが、見ていて最後にむけて弾けていく部分なので盛り上がる流れの中でコレはコレでアリだなと思った。

良くも悪くも過去の作品の思い出補正のせいか続編としては若干至らない仕上がりに感じたが、新作としては悪くはない仕上がりだった。

惜しむらくはラストのオチ。
映画のラストシーンという演出も兼ねての良い演出といえなくもないハッピーエンドなのだが、やるなら特典映像でTV未放映の第13話とちゃんと30分の話としてやっていればBDも売れて一石二鳥だったろうに・・・。

【良作度】★★★★☆

ぷりちぃーソフビシリーズ No.1 あの夏で待ってる りのんぷりちぃーソフビシリーズ No.1 あの夏で待ってる りのん
(2012/06/25)
エヴォリューション トイ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI