『這いよれ! ニャル子さん』第1話感想

ニャル子100

「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌。ニャルラトホテプ、です」

謎の生物に襲われ窮地に陥っていた主人公『八坂 真尋』をすんでの所で助けに現れた銀髪の美少女。
彼女は謎の生物を八つ裂きに始末した後、自分の事を『ニャルラトホテプ』と名乗りを上げる。

ニャル子101

「改めまして初めまして、ニャルラトホテプと申します。這いよる混沌なんぞをやってます」
「ニャルラって、まさかクトゥルフの呼び声神話の?」

真尋の事を救い、そのままあつかましくも家で食事を御馳走になったニャルラトホテプ。
謎の生物や、それを惨殺倒した彼女の事が気になる真尋は彼女にその事を尋ねる。

彼女が言うには自分こそがクトゥルフの呼び声神話のニャルラトホテプこと『這い寄る混沌』と呼ばれる存在であり、それらのクトゥルー神話の存在も含め、実は宇宙人であるという。

ニャル子102

「お望みならその姿にもなれますが、san値が下がりますよ」

彼女の言うとおりならば、ニャルラトホテプである彼女の正体はとても口で形容出来るような物ではなく同時にテレビ的にも完全にアウトな容姿のはずである。
だが、御都合主義幸運な事に彼女は優れた擬態能力があるらしく自由に姿を変えることが出来るらしい。

ニャル子103

『おはようからおやすみまで、暮らしをみつめる』

「とにかく、真尋さんの事はこの私が四六時中そばに居てお守りします」
「四六時中?」
「そりゃもう、おはようからおやすみまで」
「ずっと?」
「一緒です」

彼女は宇宙規模での人身売買のターゲットとなった真尋を守る為にやって来た惑星保護機構の職員で、これからは護衛対象として真尋と一緒に暮らしてゆくという。
どことなく、人の言うことを聞かない性格とか設定とかが『ハルハラ・ハル子』を彷彿とさせられる。

ある意味で電話で女神を召喚と同様にいきなり美少女と同居という夢いっぱいのシチュエーションだが、彼女の正体やらを考えると色々と素直に喜べない真尋。

ニャル子104

「私のコレクションとして大切に保護しましょう」

自宅に居ては危険だというニャル子の発案で、某アキバ系ショップに買い物にやって来た真尋。

昨今では色々と大人の事情によって規制されるアニメやマンガは世界どころか、宇宙の邪神達にも人気が高いという。
そんな地球の娯楽作品を前に、嬉々としてそれらを買い漁るニャル子。

だが、それらはもともと持ち出し規制が厳しいから密輸までされるのだが、ニャル子はそれを購入してもいいのか?という疑問にぶち当たる。

ニャル子105

『若さってなんだ?振り向かないことさ』

「真尋さん・・・」
「なんだよ?」
「バレなきゃ犯罪じゃないんですよ」

惑星保護機構に所属する公的機関の人間のくせに、いとも簡単に法令遵守や倫理観念を全力投擲して犯罪まがいの行為に手を染めるニャル子。

本当にこんな人格破綻者が宇宙刑事っぽいしごとしていていいのか?
少しは躊躇とか後ろめたさを感じようよ。

ニャル子106

『愛ってなんだ?ためらわないことさ』

「わっははぁ、地球のエンターテインメントは全宇宙の憧れの的ですけどね」
「でも、他にも理由があるんですよ」

「他にも?」
「ええ、護衛対象の映像を見た時ビビッと・・・私にも敵が見える的な効果音が鳴り響きました」
「平たく言えばストライクゾーンだったんです」


エンターテイメントを買い漁るニャル子を見て、この為に任務に志願したのだと解釈した真尋。
だが、ニャル子がこの地球での任務に志願した理由は他ならぬ真尋に一目惚れをしたからであった。

そんな事もあり、護衛対象の真尋に必要以上にまとわりつくニャル子。

ニャル子107

「お前、ちゃんとボクを守ってくれるんだよな?」
「モチのロンですよ」
「では、お見せしましょう。宇宙CQCの恐ろしさを」


そんな折、街をフラフラと無防備に出歩く真尋を狙い先刻と同様の敵が現れる。
どうやらニャル子は真尋を餌にして敵をおびき出そうとしていたらしく、まったく動揺することなく自慢のガン=カタ宇宙CQCで敵を秒殺してしまう。

ニャル子108

「でも、まぁお前のおかげで助かったんだし・・・ありがとう」
「いえいえ、そんな仕事ですから・・・」
「でも、どうしても御礼がしたいということであれば・・・やっぱりそう」
「あなたが大好きです・・・みたいな」


敵があまりにも非道い倒され方をして、御都合主義的『結界』から元の世界に戻ってきた真尋。

唯の趣味の買い物に付き合わされただけとか、敵をおびき出すダシに使われたといった細かい事を抜きにすれば、なにわともあれ今回もまた命の危機を救われた事には違いない。
その事に素直に感謝の意をのべる真尋であったが、ニャル子は仕事と謙虚にしつつも自分の欲望に忠実に真尋との接吻をねだるのであった。

ニャル子109

ニャル子110

『銀の翼に希望を乗せて、灯せ平和の青信号! 勇者特急マイトガイン! 定刻通りに只今到着!』

「今日はみんなに転校生を紹介する。入って来なさい」
「星から星に泣く人の、涙背負って邪神の始末、いつもニコニコ真尋さんの隣に這いよる混沌ニャルラトホテプ。お呼びとあらば即参上」
「呼んでねぇよ」

同居物では定番ですが、どういう手段を使ったのか不明だが主人公のクラスに転校してくるニャル子。

確かに、サーヴァントもつれずに学校に行く聖杯戦争参加マスターしかり、無防備に学校に行くよりも同じクラスに身辺警護の宇宙人が居たほうが何かと都合がいいのは事実。
さすがに色々と抜け目なく手を回してくるニャル子。

ニャル子111

「真尋さんの為に用意した、愛情たっぷりの愛妻弁当です」
「いやぁ、いいよ。パン買って食べるからさ」

そんな訳で、学園ならではの積極的なアプローチをかけてくるニャル子。
クラスでもニャル子の想いは周知され、はやクラスでも半ば公認の関係となってしまう。

昼休みにおいても当然のように手作りの弁当を真尋に食べさせるのだが、その食材はニャル子と同様に宇宙的な何かで得体の知れない物であった。

当然のことながらそんな料理を食べさせられて正気で居られる筈もなく、san値を下げた真尋は次回から普通の食事を切望するのであった。

ニャル子112

「病的かつ冒涜的な禍々しい混沌とした痛みに襲われているので保健室に行ってきてもいいですか?真尋さんに連れて行ってもらうので」

学校に通う真尋を狙い、またもや現れるナイトゴーント。

クラスの人間たちには敵の姿が見えない御都合主義で、人知れずに対処をしようとするニャル子は仮病を使い授業を抜けだして屋上へと向かう。

ニャル子113

「またナイトゴーントですか?同じ相手ばかりだと飽きますなぁ」
「はぁ?」
「ちょっとカプセル怪獣に任せますかね」

だが、3度目も同じ怪物が相手と言う事もあり飽きてきたマンネリ展開となってきた作品にテコ入れを図るため、今回の敵は自身が持つカプセル怪獣に相手をさせようとするニャル子。

お気に入りのシャンタッ君が入ったポケモンボールカプセルを投げて怪獣を呼び出す。

だが、肝心のニャル子のカプセル怪獣のシャンタッ君は絶望的に弱く、ナイトゴーント相手に手も足も出ぜに倒されてしまう。

ニャル子115

「その手に持っている物は何だ?」
「これですか?名状しがたいバールのようなもの・・・ですが」
「突然思い出したようにクトゥルーネタを混ぜるな」

ナイトゴーントにあっさりと敗北したシャンタッ君に代わり、やはり直接ナイトゴーントに手を下すニャル子。
その手に握られたバールのようなものでナイトゴーントを二分割し、周囲には中から溢れ出る大量の墨汁のような物が撒き散らされる。

真尋はそんなあまりに残酷で悲惨な倒され方をするナイトゴーントを前に何とか正気を保とうと必死に努力するのだった。

このままだと、肉体には無事でも精神的には・・・。

ニャル子116

「まっ尋さぁ~ん」
「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌」

「なんだよお前、さっさと出ていけよ」
「いえね、真尋さんの御両親がお帰りになる前にー、どうせなら二人の愛の結晶を作ってしまおうかと・・・・」
「大丈夫、痛くないですよ。怖くないですよー、ふふっ」
「さぁ二人でアダムとイブ、ニュージェネレーションに」

「出てけェー」
「ザクレロー」

未だに正体不明の組織から狙われ、ニャル子との生活もまだまだ終わらない以上、家に帰ってもやはり一緒に暮らす真尋には気の休まる隙はないのであった。

作品としては定番の訳あって突然女の子と同居する事になっちゃう男子高校生のハーレム作品?。
だが、そこに何故かクトゥルフ神話や色々なパロディーネタも織り交ぜてハチャメチャな展開となっており、定番な筈なのだが見ていて一筋縄ではいかない新鮮さがある。


ストーリーや作風的にはそれ程重い要素や深い内容もなく、番宣通りにあざといハチャメチャラブコメで振り回される真尋の姿を気軽に楽しむ事になりそう。
作画なども好みで、キャラが意味もなくダラダラ過ごしているだけでも十分に満足。

今後はどのような建前上の内容がある展開となるのか、期待したい。

【良作度】★★★★★

這いよれ! ニャル子さん ニャルラトホテプ 抱き枕カバー這いよれ! ニャル子さん ニャルラトホテプ 抱き枕カバー
(2010/09/21)
キャラハイ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【『這いよれ! ニャル子さん』第1話感想】

「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌。ニャルラトホテプ、です」謎の生物に襲われ窮地に陥っていた銀髪の美少女。彼女は謎の生物を八つ裂きに始末した後、自分の事を『ニャルラトホテプ』と名乗りを上げる。「改めまして初めまして、ニャルラトホテプと申します。這...

這いよれ! ニャル子さん 第01話 『第三種接近遭遇、的な』

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!OPの出だしがジンギスカンの歌(GENGHIS KHAN)っぽかった。学校行事やキャンプ場で流されていたアレです。因みにあれロシアかタイの曲だとずっと思ってました。ドイツ語だったんですね。 このオープニング、かなり頭に?...

2012年02クール 新作アニメ 這いよれ!ニャル子さん 第01話 雑感

[這いよれ!ニャル子さん] ブログ村キーワード 這いよれ!ニャル子さん 第01話 「第三種接近遭遇、的な」 #nyaruko2012 #ep01 逢空万太氏のデビュー作で、第1回GA文庫大賞優秀賞を受賞した『夢見...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI