とある魔術の禁書目録Ⅱ 第13話

とある魔術1300
「ぐっ、ごほっごほっ」
「んふふ、辺りも暗くなってきたわ」
「ねぁ、そろそろお家に帰る時間かなぁ」
「それとも、お姉さんとちょっぴり刺激的な夜を過ごしてみる?」

前回格好良く幻想をブチ殺すと息巻いた上条さんでしたが、オリアナに全く歯が立たず一方的にのされてしまう。
とある魔術1301
「邪魔だバカ」
「君こそ退けっ」
「どういう事?」
「これじゃ、動きが読めない」

魔女狩りの王で上条さんもろともオリアナを焼滅させようとするなど、上条さんとステイルの互いに仲間を無視した息の合わない連携攻撃に困惑し攻撃を避け切れないオリアナ。
とある魔術1302
「基準点、絶対の基準点が欲しい」
「明確なルールを」
「皆が幸せになって、もう誰も価値観の齟齬が生み出す悲劇に巻き込まれないようなそんな最高の世界を」
「だから勝つのよ、勝って答えを作ってみせる」

連携攻撃に一度は膝をつくオリアナだったが、彼女は彼女の目的の為よろめきながら立ち上がり速記原典を発動する。
「伏せろ素人」
オリアナが倒れた後もいがみ合っていた二人だったが、オリアナの攻撃に気付いたステイルは上条さんを突き飛ばしオリアナの速記原典を一身に受け止める。
とある魔術1303
「いい加減にしろよ、何人傷つければ気が済むんだ」
自分を庇い瀕死のステイルを目にして憤る上条さん。
「お姉さんだって誰も傷つけたくはないわ」
「でも、私には目的があるの」

「さあ来なさい」
「坊やを潰せばそれでお姉さんの役目は終わり」
「後はクロチェーディピエトロがローマ正教とお姉さんの望んでいる世界を作ってくれる」

「何が目的だ」
「他人任せで未来を決めてもらってる分際で偉そうな口きいてんじゃねぇ」

「そ、お姉さんはね誰だっていいのよ」
「誰かがこの世界に転がる主義主張を束ねてさえくれればね」
「そしてお姉さんはその基準点を絶対に守る」

どこかのビブリオマニアTV版でもありましたが、世界を誰か一人に委ねれば世界は確かに平和になる
ただ、それは自分の人生を他人任せにしてしまう愚行でもあるのです。
「それがお前の目的か」
「俺はな小難しいことなんか分からねぇ」
「だけど、そんな目的の為に学園都市を差し出せだなんて馬鹿な申し出は受け入れられない」

仮に使徒十字が世界平和の為に必要だと認めても、少なくともローマ正教に回収しようと欠片も思っていない人間を洗脳まがいの方法で無理に改宗させる方法は間違っています。
とある魔術1304
「坊やは知らないからそんな口がきけるのよ」
「身にふりかかる事態に対して呆然と立ち尽くすしかない、あの表情を見た事がないから」
「ただ悔しいと一言を聞いた事がないから」

「だとしても、それが学園都市を好きに攻撃しいていいなんて理由にはならない」
「誰かの為に別の誰かを踏み台にしていいなんて理屈にはすり替えられない」
「絶対にだ」

「お前が抱えてる問題なんて皆抱えてる問題なんだよ」
「誰だって失敗するし、時には転ぶ」
「けどな、転んだら起き上がればいい」
「どれだけ無様でも、全部裏目に出たとしても立ち上がるんだよ」
「他人の人生を手前が途中で投げ出すんじゃねぇ」
「お前はどちらを選ぶ、オリアナ=トムソン」
「一回失敗したからって全てを他人に任せておくのか?」
「例え失敗しても、失敗した人達にもう一度手を差し伸べてみるのか?」

自分が駄目だという判断で、他人の可能性に見切りをつけてしまう。
まだ頑張れる、頑張ろうとする人達までも一方的に否定してしまうのか?
と、毎度の事ながら心をうつ上条さんの説教タイム。


今回の使徒十字を明治維新に例えてみましょう。
明治維新だって見方によれば、それまで日本を治められなくなった無能な朝廷に替わり日本を平和に治めてきた幕府に対して、権力を求める天皇達と外様大名と一部の過激派が軍事クーデターを起こして幕府に何の不満も持たない人々を巻き込んででも自分達の理想を実現しようとするエゴイズムの結果でしかありません。
もしも、広く世間に訴え議論し話し合って朝廷ではなく幕府中心で日本を近代化していたとしても同じ様な結果となっていたかも知れないのに、彼らは自分達で出した結論を日本全体に押し付けたのです。

使徒十字もそうです。
ローマ正教に改宗することが正義であり救いであるとして使徒十字を行使し、その結果学園都市がローマ正教に改宗しその幸福を甘受する事になる。

世界を良くしようとするその考えは間違っていないかも知れませんが、自分が出した答えを押し付けるその方法が正しいかと言えばそうではないのです。
「これで決着をつける」
「我が身に宿る全ての才能に告げる、その全霊を開放し目の前の敵を討て」

しかし上条さんの訴えに対しオリアナの態度は軟化せず、全ての速記原典を使った大技を繰り出す。
本当に上条さんのやり方で人々を救えると言うのなら、ここで自分を止めて証明して見せろという事なのでしょうか?
とある魔術1305
「うおぉおー」
「はっ」

ドカーン
いつものように幻想殺しで速記原典を消したように思えたが、二重に仕掛けられていた速記原典は油断した上条さんの直近で爆発を起こす。
「ちくしょう」
爆風に脳を揺さぶられ薄れ行く意識の中、オリアナの言うように幻想を守れない非力さを悔しく思う上条さん。
とある魔術1306
朦朧とする上条さんの脳裏に、吹寄とのイチャイチャタイムとある魔術1307
そして、今回のメインヒロインである姫神とのラブラブデート(誇大表現)が回想する。
とある魔術1308
「ナイトパレードが始まるまでにお前の病室に帰る」
「だから必ず待っててくれ」

傷ついた姫神に対し夜の病室でエッチな事をしたいので待っていてくれと交わした約束。
とある魔術1309
「あれが、俺の覚悟の表れだ」
「それを、こんな所で台無しにして・・・」
「たまるかよぉ-」

「ぐぉおー」
姫神さんとのエロい約束の為に今にも消えそうな意識を繋ぎ止める上条さん。
向かってくるオリアナに対し最後の力を振り絞った幻想殺しを見舞う。
上条さんが意識を保ち反撃してくるなど予期していなかったオリアナは無防備な顔面にクリーンヒットし、オリアナは今度こそ完全に意識を失い崩れ落ちる。
とある魔術1310
オリアナを倒し使徒十字を阻止できたと安堵したのもつかの間。
「間もなくクローチェディピエトロはその効果を発動し、学園都市は我々ローマ正教のもとに改変されます」
実際に使徒十字を持っていたのはリドヴィアであり、オリアナはその為の囮でしかなかった。
使徒十字発動まで残り時間がわずかな中、その事実を聞き愕然とする上条さん。
「こちらにとって重要なのは科学が宗教に屈するという一点のみ」
「科学を否定し我々の力を示す事で主の権威は取り戻せるかと」

もう上条さん達に邪魔はされない事を確信し、饒舌にそして嘲笑うかのように話していくリドヴィア。
やはり科学という全能ではないが万能であり日々進歩していく科学が世界中の人々に崇拝され、自分達の神の権威が地に落ちる事を恐れていたようで使徒十字の目的は救済の名を借りた示威行為というのが真実のようです。
科学も宗教も結局のところ、真実を人間が見て自分達で解釈したに過ぎないので間違っている事もしばしばあります。
科学は間違いが証明されてしまえば意外とアッサリ非を認めますが、宗教はそれを認めると根本が崩れてしまうためなかなか認められないんですかね。
宗教は社会規範や思いやりを説く為に社会に必要であるといえる反面、他の宗教と相容れず互い争いを起こすという問題もあります。
左右の頬を叩かれる様な寛容で慈愛に満ちた宗教ならば他の宗教に滅ぼされるでしょうし、世界の警察を名乗る宗教国家が他の国を侵略はしないでしょう。
オルソラの時もそうですが、相応の非道を行ってるからこそ世界で有数の宗教となった筈です。
なのに、自分達が行うのは教義という正義にのっとった事だから正義なんだとどこまでも非を認めない矮小さはいただけません。
とある魔術1311
「もうお終いです」
「確かにもうお終いだ、結果がこの様じゃ俺は確かにお終いだよ」
「なぁ、そう思うだろリドヴィア」
「いくら手前の幻想をブチ殺せたって言ってもよ、クラスメートとの約束も守れないようじゃな」

追い詰められたはずなのに何故か勝利宣言をする上条さん。
「はぁ、何を?」
使徒十字の発動を確信していたリドヴィアは上条さんが何を言っているのか理解出来ず問い返す。
とある魔術1312
「ナイトパレードが始まる時間だ」
「この光量があれば星空を十分に塗りつぶせる、お前が何処にいようとな」

使徒十字発動に必要な星の光を花火の光が消し去る。
オリアナやリドヴィアが無理にローマ正教に改宗させようとした学生達の企画が奇しくも使徒十字を阻止した形となった。
とある魔術1313
「あーらあら、これはまた愉快な場面ですこと」
とある魔術1314
「今真面目な所なんだから茶々入れないでよ短髪」
使徒十字を阻止し、いつものように病院送りとなった上条さん。
蚊帳の外に置かれていたインデックスさんは噛み付く事への羞恥心よりも怒りが勝ったのか、いつものように上条さんに噛み付く。
そこにお見舞いに来た御坂さんが鉢合わせ。
若い男女がベッドの上でくんずほぐれつしている場面に出くわし、またもやドロドロの修羅場が展開されそうになるが病院なので御坂さんは自重してくれました。
そのかわりと言ってはなんですが、上条さんに罰ゲームを忘れるなと釘を刺す。
「い、いや罰ゲームって言われてもこの体じゃ競技に参加できないし」
「ふーん、じゃあ死ぬ気でやれば」
内心ではインデックスさんに嫉妬し、自分も上条さんにかまって欲しい御坂さん。
見事なツンっぷりで上条さんを突き放します。
とある魔術1315
「救わなければ、あそこに捕らえられたる迷える罪人をこの手で」
使徒十字に失敗したリドヴィアさん。
失敗した事が天罰ではなく神の試練と前向きに受け取るんですから、さすが敬虔な信者です。
私は無神論者なので、こういう宗教に依存して生きている人物描写を見ると異常人物に思えてしまいます。
でも、世界的に見れば聖書がベストセラーであり、信仰を持っている事が普通です。

ただ、リドヴィアのように攻撃的で独り善がりの善行を押し付けるから異常に見えるのでしょうね。
「あーあー、アテンションプリーズ」
「イギリス清教アークビショップ、ローラ=スチュアート」
「って、名乗らねば分からずなんて冷たき事は言わぬでしょうねリドヴィアお譲ちゃん」

一人きりだと油断して大笑いするリドヴィアにいきなりローラさんが語りかけてくる。
どうやら停まっている飛行機に細工をしていた模様。
とある魔術1316
飛行機の扉が爆破され飛行機の外に放り出されるリドヴィア。
とある魔術1317
ローラさんの策略により使徒十字と機長を同時に救わねばならない状況に追い込まれたリドヴィア。
「困難は大きければ大きい程それを乗り越えた時それを作り出した私を踏みにじる喜びが大きくなるのよね?」
「踏みにじる、あの高い鼻を」
「思う存分」

ローラさんの挑発により俄然やる気を起こし、まんまとローラさんの思う壺に嵌り血反吐を吐きながらも使徒十字を受け止め尚も機長を受け止めようとするリドヴィア。
そのまま高笑いをしながら落下を続け、地面に激突したようです。
ローラさんもリドヴィアをとことん苦しめる為に飛行機を大爆発させずに、わざとドアを吹き飛ばす程度にするとはかなりのサドですね。>さすがどこかで彩京 朋美をやってるだけあります。
とある魔術1318
「ここで何をしてるの?」
「待合室のベンチで寝てたんだけど、朝になったら使っちゃ駄目って言われたから」
ほぼ忘れ去られていたヒロイン序列第二位の姫神さんが復活すると、病室にはインデックスさんが。
「あの人は、やっぱり今回も無茶な事をやってたの?」
大丈夫、上条さんが何の関係もないのに大量出血する事態になったなんて事は不憫過ぎるので神様もそこら辺は配慮しています
とある魔術1319
「そうか、誰でも良かったんじゃ」
「あの人は困ってる人なら誰でも助ける、私じゃなくても・・・」

約束したのに病室に来てくれなかったし、上条さんは他の女でも発情するとんでもないエロ野郎なんじゃ?と不安に思う姫神さん。

「私はみんなの迷惑にしかなっていないのかもしれないね」
「そんなわけないじゃん」
「へっ?」
「だって当麻は秋沙と一緒にいると楽しそうだもん」
自分の魅力に自信を持てない姫神さん。
その姫神×上条さんフラグに何故かインデックスさんが助け舟を出す。
とある魔術1320
「ねぇ、あの人が何で戦うのかアナタには解る?」
「さぁ、前に聞いた時は自分の為だとか言ってたけど」
「当麻にとっては、それが幸せなんじゃない」

確かに可愛い女の子なら誰でも発情する上条さんですが、それ以上に無償で人助けをする格好良さを再確認した姫神さん。
もう愛人でもいいやと思ったのか、病室を訪れる上条さんに嬉しそうな笑みを浮かべる。

使徒十字編、完。

姫神さんを助けた事は上条さんにとって幸せ、姫神さんにとっても幸せだという事が確認できて大団円でしたね。
ヒロインが御坂さんではないのが悔しかったですが、ちゃんと出番も多かったので良かったです。


とある魔術の禁書目録(インデックス) 文庫1-22巻 セット (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス) 文庫1-22巻 セット (電撃文庫)
(2010/12/15)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI