カンピオーネ! 第10話『荒ぶる魔王、太陽の勇者』感想

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」01

リリアナの初めてのキスを奪ってしまうことを躊躇い、肝心のペルセウスの正体について教授を受けぬままペルセウスとの再戦へと赴く護堂。
リリアナは、そんな神と戦う代償に人間を支配する特権を持つカンピオーネでありながら、他人の事を思いやる優しく実直な護堂に心惹かれてゆく。

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」02

ペルセウスとの再戦に望んだ護堂は予想通り、ペルセウスの圧倒的な力の前に為す術がない。

このまま何の策もなく、真っ向からぶつかるだけでは到底勝つ事は出来ない。
それは誰の目から見ても確かであった。

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」03

だが、それでも尚リリアナを巻き込まぬよう、自分の力だけで立ち向かおうとする護堂の姿に耐えかねたリリアナは自ら進んで護堂とキスをする。

自ら護堂の懸念を払拭しようと努めるリリアナの献身的な姿に、護堂も覚悟を決め教授を受ける。

果たしてペルセウスが持つ能力への対抗手段を得た護堂は得意の黄金の剣でペルセウスを弱体化させ、手傷を負わせる事に成功する。

だが、喜びもつかの間。
事もあろうにペルセウスはリリアナを操り、その手で護堂を殺すように命じる。

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」04

いやった、レイプ目だー
ひゃっほー。

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」05

護堂はレイプ目で人形の様に無表情なリリアナを傷つける事も出来ず、追い詰められたかに思われたその時。
お約束どおりに護堂の叫びに応じて正気を取り戻すリリアナ。

くそぅ、あのまま催眠・洗脳が解けずに護堂を倒してペルセウスとの傀儡服従アヘアヘを期待していたのに残念だ
ペルセウス、もっと頑張れよ>えー
冬コミに期待。

そして、リリアナの加勢により一気に形成が逆転した護堂はからくもペルセウスを撃退する事に成功。
二人がかりで、一見すると卑怯な気がしないでもないが、ペルセウスのした事を考えるとこれくらいは許される。

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」06
カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」07

傷ついた護堂を優しく癒す女神アテナだが、その一方で重傷を負ったペルセウスを襲うという残忍な側面を垣間見せるのだった。

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第10話 「荒ぶる魔王、太陽の勇者」08

ペルセウスとの死闘の一件を聞きつけ、護堂の元に駆けつけてきたエリカ達。
だが、既にリリアナと関係を持ってしまった事がバレてしまっており、嫉妬に駆られたエリカ達から散々な仕打ちを受けるのであった。

いやぁ、ペルセウスとの攻防は相手が有利な分何とかギリギリで勝利。
ただ、途中のリリアナ洗脳で興奮したせいか、それまでの攻防が吹っ飛んでしまった。>えー
個人的には護堂が負けたifバージョンの薄いNTR洗脳本が冬コミで出そうな予感。>心の中でガッツポーズ

最後のペルセウス捕食はあまりにも予想外。
これはアテナのラスボスフラグだろうか?
これでペルセウスの力も吸収したというのならかなりの強敵になる筈だが、ペルセウスはあの存在をアテナとは呼ばなかった・・・

あと、タイピングでリリアナを何度も変換していると、ついうっかりロリ穴と打ってしまう自分の手が末恐ろしいと思った。

次回は、さらに新たな美少女が登場で混乱はさらにヒートアップする?

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 1 (イベント応募抽選券封入・初回生産限定版) [DVD]カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 1 (イベント応募抽選券封入・初回生産限定版) [DVD]
(2012/09/26)
松岡禎丞、日笠陽子 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI