2011冬アニメ 一言感想 『GOSHICK-ゴシック-』 

goshick100.jpg
野ウサギが猟犬にかみ殺されるという兎年にあるまじきシーンから始まった『GOSHICK-ゴシック-』。
冒頭はダークすぎましたが、OPはアールヌーヴォーを彷彿とさせる色使いや人物像。
芸術的な仕上がり具合から製作側の熱意が分かります。
goshick101.jpg
舞台は第一次世界大戦後、イタリアの隣にあるらしい日本の同盟国ソヴュール王国。
日独伊三国同盟を彷彿としますがこの時代はまだそうなっていませんし、仮想国なのでこれからの政情も読めません。
goshick102.jpg
「僕はここの生徒、名前は・・・」
「そう、黒い死神」

ソヴュール王国の貴族の子弟の為の寄宿学校「聖マルグリット学園」に留学生としてやって来た「久城 一弥」。
主人公であるはずの彼はその容姿から「黒い死神」と呼ばれていた。>一瞬、BK201かと思ってしまいましたがあれは「黒の死神」だった。
goshick103.jpg
「人の言葉を語る頭脳明晰なる灰色狼」
「喋る狼か、これならちょっと仲良くなって見たいかも」

自分の二つ名の由来を調べるために図書館へとやって来た一弥。

調べていた本の「灰色狼」のページには金色の髪の毛が挟まっていた
goshick104.jpg
「金色の・・・」
ふと上を見上げた一弥は図書館塔の頂上に金色に光を見つけ、何があるのか確かめる為に頂上を目指し駆け登ってゆく。
goshick105.jpg
「人・・・形。」

「やっと来たか」
「遅いぞ、春来る死神」


塔の頂上に居たのは人形と見紛うような美しい金髪の幼女少女「ヴィクトリカ」。
彼女は初対面であるはずの一弥の素性を知っているかのように振舞う。
あまりの気味悪さに逃げ出す一弥。
goshick106.jpg
翌日、教師の依頼でプリントを持ってきた一弥。
昨日の事は不気味で近づくのは怖くもあるが、ヴィクトリカへの好奇心や興味が勝ってしまったんでしょう。

「やっと来たか」

一弥が来るのが遅く、待ちくたびれてゴロゴロと床を転がるヴィクトリカ。
押し倒す手間が省けたぜ、とはならない堅物の一弥。
昨日、初対面であるはずのヴィクトリカが何故自分の事を知っていたのか尋ねる。
goshick107.jpg
・不吉な黒い容姿の留学生がやって来た。
・成績優秀な堅物は自分の二つ名の由来を調べに来るだろう。
以上の理由で分かったそうです。

階段を登って来た人間を一瞥もせずに当ててしまった理由にはなりませんが、とりあえず納得。
goshick108.jpg
なんの前触れもなく突然現れた「グレヴィール警部」。
現行のリーゼントをさらに超越した斬新なドリル頭髪が有名なグレヴィール警部。
goshick109.jpg
そのグレヴィールは、初対面の一弥に対してとある事件の概要を独り言の様にとうとうと語りだす。
goshick110.jpg
占い師「ロクサーヌ」の家で銃声がして屋敷の人間が集まってきた。
扉には鍵が掛かっており、メイドが銃で扉の鍵を壊すとロクサーヌは左目を銃で撃たれて死んでいた。
部屋は密室で犯人はどうやって占い師を殺したのか?
goshick111.jpg
「混沌の欠片は全て揃っている」
「ここで、再構成してやろう」

グレヴィール警部の話だけで事件の顛末が分かってしまったヴィクトリカ。
パイプを加えながら気だるそうに語りだす。
シャーロック・ホームズ同様、退屈を紛らわせるために薬物か煙草を常用しているのか?分かりませんが大人の事情でただ加えているだけの様です。
goshick112.jpg
メイドが犯人で、部屋の鍵を撃った時に同時に占い師を殺害したという事だった。

まぁ、この辺は普通の視聴者でもすぐに推理できる犯人でしたね。
最初から警察がキチンと部屋と死体を調べていれば鍵を撃った銃弾が部屋になくて死体から出て来たと思います

ただ、犯人や殺害方法だけではなく殺害動機にまで言及できる所はヴィクトリカの能力が垣間見えます。
goshick113.jpg
ヴィクトリカの推理を利用し、自分の手柄としてしまったグレヴィール警部。
当然、これに怒る一弥はグレヴィールのもとに直談判に向かう。
そんな一弥の怒りをいさめるため、ローゼンメ○デンの「槐」の様にビスクドールをいじりながら週末のヨット遊びに招待をするグレヴィール。

goshick114.jpg
「どうしてこうなったんだっけ?」
「私としても君に聞きたいところではあるが」
「しかし、そうか」
「では、出られるのか・・・この牢獄を」


どう考えても何の利益にもならない誘いですが、外に出られるという事自体には喜ぶヴィクトリカ。
沢山の荷物を用意し、万全の準備をする始末。
goshick115.jpg
「必要だったら、必要なのだー」

その荷物を必要ないと斬り捨てる一弥に、不機嫌になりむくれるヴィクトリカ。>ラブリーです

一弥とはまだまだ親密ではないのでクーはありますがツンもデレもない状態です。
そんな中で、替わりにこういう可愛さをアピールする算段ですか。
あざといスタッフめ。

すっかり策にはまってしまったじゃないか
goshick116.jpg
汽車に乗り、流れる景色を眺めるヴィクトリカの横顔を見て、つい頬をつつく一弥。
goshick117.jpg
セーラー服を着込み、ヨットで待ち構えていたグレヴィール。
事件の事後報告をし、メイドの動機に未だ疑問が残る事を告げる。
「そのメイドが動機について謎の言葉を口走った」
「これは箱の復讐です・・・と」

「箱の復讐?」
そして、その肝心のメイドが逃げてしまったため一弥たちを放り出して追跡するグレヴィール。
goshick118.jpg
「招待状のようだ、ロクサーヌ宛の」
残されたヴィクトリカはヨットの元の持ち主である占い師「ロウサーヌ」宛ての手紙を見つける。
goshick119.jpg
「えーと、この近くの海岸に停泊中の豪華客船でのディナー『箱庭の夕べ』」
「メインディッシュは野ウサギです」


手紙の意味深げな内容から、メイドの言っていた動機の謎が解けるのではないかと推察する二人は手紙にあった豪華客船へと乗り込んでいく。

ローゼンメイデンと素敵探偵を足して2で割った感じかと思っていたら、人知を越えた能力ではなく純粋な知識と推理で謎を解決する安楽椅子探偵モノの様でした。

初回という事もあり色々と伏線を散りばめつつも、駆け足で事件を解決し遺憾なく実力の片鱗を見せてくれたヴィクトリカ。
違う意見もあるかもしれませんが、私は構成的にはとても秀逸な仕上がりだったと思います。

未来少年のような名前の名探偵もこのような感じで、1話目は簡単な事件と大まかなキャラクター紹介と大きな謎を残して1話目を終えました。
この「GOSHICK-ゴシック-」はそれ以上に、次の事件への繋がりも残したままエンディングロールとなりました。

1話目から何の説明もないキャラクターが難解な事件に挑戦しても分かりづらいだけですし、これ以上の展開を望むのは難しいだろうという30分の使い方だったと思います。
事実上、例の名探偵を越えたと言っても過言ではありませんね。



世界が束の間の安定を享受している時代、見知らぬ外国で少女と出会った一弥。
安楽椅子探偵は優秀な助手が証拠が揃えなければ事件が解決できないので、一弥がその助手となりえるのか?
これからの成長やヴィクトリカとの信頼関係の構築に期待したい所です
そして、ヴィクトリカは何故、塔の上で閉じこもっているのか?外出できないのか?
ヴィクトリカの前でのグレヴィールの挙動不審の理由は?
灰色狼のページにあったのはヴィクトリカの髪の毛だとすると、そこにあった理由は?

などなど
散りばめられた伏線の回収と、難事件と、金髪ロリの活躍にとても期待が持てました。


【良作度予想】★★★★★
 期待度最高5つ星

【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定ヴィクトリカ コルクコースター付】 GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/04/22)
悠木 碧、江口拓也 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK-ゴシック- 第7話「夏至祭に神託はくだされる」

GOSICK-ゴシック- 第7話「夏至祭に神託はくだされる」です。 前回から始ま

2011冬アニメ 一言感想 『GOSHICK-ゴシック-』 

野ウサギが猟犬にかみ殺されるという兎年にあるまじきシーンから始まった『GOSHICK-ゴシック-』。 冒頭はダークすぎましたが、OPはアールヌーヴォーを彷彿とさせる色使いや人物像。 芸術的な仕上がり具...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

*保有銘柄
【2222】寿スピリッツ
【2229】カルビー
【2294】柿安本店
【2404】鉄人化計画
【2590】ダイドードリンコ
【2702】日本マクドナルド
【2809】キユーピー
【2810】ハウス食品グループ
【2811】カゴメ
【2897】日清食品HD
【3392】デリカフーズ
【4578】大塚HD
【4816】東映アニメーション
【5185】フコク
【7832】バンダイナムコHD
【7844】マーベラス
【8267】イオン
【25935】伊藤園第一種優先株式
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
AMAZON人気書籍
ビジュアルリンク


Twitter
楽天市場
リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI