ラブライブ! 第6話「センターは誰だ?」感想

ラブライブ 第6話_03

校内での部活動を紹介するビデオを製作する生徒会に取材をされる穂乃果たち『アイドル研究部』。

魅力溢れるメンバーがそれぞれ取材される中、今さらながら取り柄のない穂乃果が『μ's』のリーダーを努めている事に疑問が生まれる。

三人の幼馴染だけでスクールアイドルを始めた最初こそは率先して行動する穂乃果がリーダーとして適任であったが、7人のメンバーが揃った現在チームを引っ張ってゆく新たなリーダーを選ぼうという流れとなる。
そうして、ついにメンバー同士での醜い骨肉のリーダー争いが勃発する・・・。>えー

ラブライブ 第6話_04

リーダーとなり、次のPVでセンターを狙うにこ先輩は俄然張り切り、色々な方法で他のメンバーを蹴落とそうと画策するが他のメンバー達と競いあうが思うように結果は出ず、結局リーダーを決める事は出来ずじまいとなる。

そんな中、元祖リーダーである穂乃果がリーダーを決めずに活動する事。
そして、センターも全員が交代で担う事を提案する。

前代未聞の提案に戸惑う一同だったが、楽しそうに語る穂乃果を見て皆も納得し、『μ's』はリーダーもセンターも決めずに活動する事に決まる。

『みんなが歌って、みんながセンター』・・・、全員が桃太郎という学芸会みたいなキャッチフレーズ。
ゆとり世代ですね、わかります。>えー

ラブライブ 第6話_05
ラブライブ 第6話_06

「でも、本当にリーダーなしでいいのかなぁ?」

「いえ、もう決まってますよ」

「不本意だけど・・・」

練習に向かう『μ's』のメンバー。
その視線の先には、いつものように元気に走る穂乃果の背中があった。

率先してスクールアイドルを結成し、苦境にも諦めずにアイドル活動を続け、誰よりも『μ's』の為に奔走した。
穂乃果の一生懸命な頑張りにメンバーの誰もが心揺さぶられ、その後姿に皆が揺らぎない信頼を寄せていた。

確かに穂乃果はリーダーは務まらないのかもしれない。
だが、そんな彼女だからこそ・・・。

誰よりも前を行く穂乃果の背中に皆、心の中では誰がリーダーなのか改めて気付くのだった・・・。

ラブライブ 第6話_07
ラブライブ 第6話_08
ラブライブ 第6話_09
ラブライブ 第6話_10

まぁ、なんだかんだで最後の方のPVではちゃっかりセンターに居る穂乃果さんでしたwwww。>えー

ラブライブ 第6話_01
ラブライブ 第6話_02

冒頭のこっそりと穂乃果を撮影することりさん・・・いつもながら見事な黒さ
そして、にこ先輩は安心のあざとさキャラ作り

そんな取材に興じる普段どおりの自然な『μ's』メンバーの魅力が一杯のエピソードでした・・・。>えー

どこかのアイドルマスターもそうだが、それぞれがオンリーワンの個性と魅力を持つアイドルだけにリーダーやセンターという「特定の一人=主役」を選ぶのは至難の業。
こういう場合はやはり765プロのように課金敏腕プロデューサーがいないと・・・。>えー

PVも三人のときに比べ、メンバーが増えてさすがに圧巻の迫力。

ロボットも出てきていないし、少し緩めの学園生活と熱いアイドル活動は文句なしに面白い展開です

サンライズさん、色々とゴメンナサイ。
そして、予想以上に頑張ってくれてありがとう。

次回、なかなかメンバーにならない副会長『東條 希』と生徒会長『絢瀬 絵里』をよそに『μ's』にまたもや試練が訪れる?
果たして、穂乃果達はこのままアイカツを続けてゆけるのだろうか・・・。

ラブライブ!  μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 超豪華盤】ラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 超豪華盤】
(2013/01/09)
μ's

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラブライブ!
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブライブ! 第6話「センターは誰だ?」 感想

みんなが歌って、みんながセンター。 穂乃果らしい答えですね。それでもメンバーは・・・。 新曲も披露され、大満足な回でした。

ラブライブ! 第6話「センターは誰だ?」

今更にこのスペックの低さと嫌味な性格を際立たせるのに丸々1話使ってどうするの?!という気がしましたが、まぁ花田脚本だしなぁ〜(ぶつぶつ)。今話を要約するなら適材適所、7人

ラブライブ! School idol project 6話「センターは誰だ?」の感想

統率力だけがリーダーの資質じゃないしね。 そもそもセンターだからリーダーなの? という疑問もなくはないというか、 歌唱力だったりダンスの配置としての見栄えだったり総選挙...

ラブライブ! School idol project 第6話 「センターは誰だ?」 感想

真姫の可愛さは癖になる可愛さ。

怯まず走っていく君だから【アニメ ラブライブ! #6】

ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray](2013/03/22)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る アニメ ラブライブ! 第6話 センターは誰? 7人7色 個性豊かなメンバーの柱となる センター

ラブライブ! 第6話「センターは誰だ?」

新入部員も増えて正式に活動を開始したμ's アイドル研究部と合体し部室もゲット! 笑顔向けたり決めポーズとったりとなにやらビデオ撮影されてる穂乃果 次は海未ちゃん…突然降られ

ラブライブ! #6「センターは誰だ?」

にこ先輩ぱねぇっす、メインキャラに昇格して早くもキャラが確立しちまってるっす!(何

ラブライブ! 第6話 感想

だれがリーダー&センターにふさわしいかについて論争が勃発。 カラオケ・ダンス・ビラ配りで競争して決めることに。 結果、差がつかなくて、センターはみんなでやればいいという

ラブライブ! 第6話 2/13 感想 #lovelive

 リーダーは、やっぱり理念を体現しないとダメですなぁ。  Web配信視聴で遅れて視聴してます。簡単に感想だけ書きます。  希ちゃんが各クラブ紹介のために、映像を撮ってまわ

◎ラブライブ!第6話「センターは誰だ?」

∥部活の申請にいったけど、そこで待っていたのはニコ先輩∥でも先輩をミューズに7人になったリン)ウミ先輩ね-)ウミ:なんなんですか ノゾミ:取材をしてるところなんですホノ...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI