翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」感想

『遠い未来、遥か銀河の果て。
人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。
激しい戦いの最中、少年兵レドは乗機である人型機動兵器チェインバーとともに時空のひずみへと呑み込まれる。
人工冬眠から目覚めたレドは、忘れられた辺境の惑星・地球へと漂着したことを知る。』
(公式HPより)

一言で言うと、宇宙生命体と人類の存亡を賭けた戦闘の後に、未知の惑星である地球で目覚めた主人公は『カツドゥ-ン』状態だったという『翠星のガルガンティア』。>えー

翠星のガルガンティア 第1話_01

「最後の恐怖を感じたのはいつだろう」
「余計なものを全て忘れ去ることで、俺は兵士として完成した」


人類を脅かす謎の存在「ヒディアーズ」に対し、人類銀河同盟の総力を結集した奇襲作戦が行われようとしていた。
主人公『レド』もその作戦に参加する少年兵であり、この戦闘が終われば『限定市民権』を得て、制限があるものの一定の自由を得る予定であった。

だが、兵士としての時間を過ごす内に余計な感情を捨て去ってしまっていたレドは、与えられる自由に何も感じず、意味を見出せずにいた。

翠星のガルガンティア 第1話_02

そして、始まるヒディアーズとの激しい戦闘。

人類側は大きな損害を出しながらもヒディアーズの巣まであと僅かの所まで迫る。
だが、圧倒的な再生スピードで復活してゆくヒディアーズの前に、人類側は壊滅的な被害を蒙り撤退を余儀なくされる。

翠星のガルガンティア 第1話_03

レドも退避命令に従い母艦に帰投しようとするが、そこでヒディアーズの妨害を受け人型機動兵器『マシンキャリバー』と共に時空の歪へと呑み込まれてしまう。

翠星のガルガンティア 第1話_04
翠星のガルガンティア 第1話_05

「ねぇ、これって一体何なわけ?」
「それが分かったら苦労はねぇよ」
「中を調べようにも、外装ひっぺがすどころか傷ひとつつけらんねぇ」
「どうやって組み立てたのか、想像もつかねぇや」


ガルガンティア船団でメッセンジャーを務める『エイミー』はある日『ベローズ』によってサルベージされた謎の物体を一目見た時から好奇心をそそられる。

解体・修理業を生業とする『ピニオン』によって、解体されようとするもビクともしない頑丈な物体。
それこそ、レドが乗るマシンキャリバー『チェインバー』であった。

翠星のガルガンティア 第1話_06
翠星のガルガンティア 第1話_07

「半年も眠ってたのか俺たち」
「事態はパイロットの判断を要するものである」
「よって、貴官の覚醒プロセスを実行した」


時空の歪みに巻き込まれ、意図しない場所へ辿り着いたレドは救難信号を発信しつつ人工冬眠をしていた。
だが、そんな折にチェインバーを解体しようとするピニオンが現われ、人工冬眠から目覚めるのだった。

人類銀河同盟に所属していない『漂流者』なのか、文明レベルが低く、言語の通じない未知の種族に戸惑い、警戒をするレド。

翠星のガルガンティア 第1話_08
翠星のガルガンティア 第1話_09

「貴官の行動に論理性を見出せない」
「人質をとれば、とりあえず攻撃はしてこない・・・といいんだがな」

ピニオンたちが寝静まる頃を見計らい、状況を確認しようとチェインバーの外に出るレド。
だが、運悪くチェインバーに興味を持ったエイミーが見学に訪れ、レドは成り行きからエイミーを人質にして船内を探索してゆく。

翠星のガルガンティア 第1話_10
翠星のガルガンティア 第1話_11

「ここは一体どこなんだ?」

船内を調べるレドだが、その結果からは宇宙船とは明らかに違う設計が見受けられ、違和感を抱き始める。
そして、船外に出たレドが目にした物はずっと広がる海原であった。

レドが降りた時に初めて感じた匂いの原因は、特有の潮の匂いであった。

翠星のガルガンティア 第1話_12
翠星のガルガンティア 第1話_13

「何が、どうなっているんだ?チェインバー」
「貴官と当機は呼吸可能な大気を備えた惑星の地表に居るものと推察される」
「そんなバカな」
「観測可能な天体を照合検索。確定、該当データは一件のみ」
「太陽系第三話区政、地球」
「これまで記録においてのみ存在を示唆されてきた人類発祥の星である」


隙をつかれ、エイミーに逃げられ追い詰められるレドはチェインバーを機動させ、自分が置かれた現状を確かめようとする。
レドの問いかけにチェインバーが出した解答は、レドが漂着した場所が人類発祥の地である伝説の『地球』であるという驚愕の事実であった。

こういうSFはアーヴ語だとか異言語交流がつき物ですが、今期は言語が通じないアニメが多いなぁ。>えー
しかも、どちら側の言語かで相手側の言語が分からなくなるという念のいりよう。

それだけスタッフさんが力を入れているという事なのだろう。

そして、作品のストーリーとしても・・・
謎の宇宙生命体との死闘。
未知の惑星への漂流。
褐色美少女とのボーイミーツガール。

緩急の抑揚をつけつつも、面白い素材を矢継ぎ早に配置しており非常にテンポよく楽しめる展開だった。
今後はレドがエイミーらとどういう関係を築き、地球の暮らしで何を見つけるのか?
そして、ヒディアーズとの戦闘や、この地球が『いつの地球』なのか?

レドの人間性や、ちりばめられた伏線回収に大いに期待したい。

翠星のガルガンティア (1) (カドカワコミックス・エース)翠星のガルガンティア (1) (カドカワコミックス・エース)
(2013/04/08)
三途河 ワタル

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 翠星のガルガンティア
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」/第2話「始まりの惑星」

翠星のガルガンティアの第1話と第2話を見ました。 第1話 漂流者 遠い未来、遥か銀河の果て。 人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。 激

翠星のガルガンティア 第1話 漂流者

遠い未来、銀河の果てで人類は異形の宇宙生命体群ヒディアーズ相手に存亡を懸けて戦っており、主人公のレドも人類銀河同盟軍の少尉として戦っていました。 しかし、任務の撤 ...

翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」

遙か未来。 宇宙に住むようになった人類は怪生命体ヒディアーズと戦いを繰り広げていた。 激戦の中、レドは乗機のチェインバーとともに時空のひずみへ飲まれる。 半年後…人工冬眠...

【アニメ】翠星のガルガンティア 第01話 「漂流者」 高性能な杉田ロボ! 猿の惑星と繋がったw

245 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/04/07(日) 22:01:39 ID:??? 杉田www

翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」

今期ロボット物第2弾! ほう!これは、中々。 前半の圧倒的な物量戦。

翠星のガルガンティア #01

『漂流者』

翠星のガルガンティア 第1話 「漂流者」 感想

前半と後半のギャップが面白いですね。 『スターオーシャン』や『ゼノギアス』っぽいとこともありますが、 設定や世界観は面白いので、今後の展開についても期待したいです。  

とりあえず第1話見て感想 翠星のガルガンティア 「漂流者」

「確定、該当データーは1件のみ。太陽系第3惑星地球、これまで記録においてのみ存在

翠星のガルガンティア 1話「漂流者」の感想

宇宙では厳しい戦いが、そして地球はなんか長閑。 植物っぽい敵との戦いを繰り広げる大規模宇宙軍の戦いは数の多さで、 CGの利点を生かしてて長時間の活動によって権利が与えられ

『翠星のガルガンティア』#1「漂流者」

「太陽系第三惑星地球。これまで記録においてのみ 存在を示唆されてきた、人類発祥の星である」 物語は人間サイドと、 ヒディアーズと呼ばれる謎の生物とが戦っているところから

翠星のガルガンティア 感想 第01話 「漂流者」 (先行放送)

なるほどーこうくるか... 第一話は期待以上の面白さでした。 私がこのアニメに期待する事は,ただ一点のみです。「王道」を貫き通して欲しい,もうそれだけですね。作品のジャンルが...

翠星のガルガンティア 第1話 「漂流者」 感想

壮大な世界観に魅了されよう―

翠星のガルガンティア~第1話「漂流者」

 銀河の果てで戦いを繰り広げていた少年兵レドは時空のひずみにのみこまれ、目が覚めると地球に漂着していた。 虚淵玄脚本のこの春注目アニメ、第1話 長きに及んだ漂白の時代は...

翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」

これは予想を良い方向で裏切ってくれそうかも? ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/gargantia/verdurous-planet_01/

『翠星のガルガンティア』 第1話の評判

『翠星のガルガンティア』 第1話 「漂流者」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1posted with カエレバ石川界人 バ

サルバトーレフェラガモ

アニメ色の株主優待 翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」感想

◎翠星のガルガンティア第1話「漂流者」

∥アバロン、理想郷。4億7000万の市民よ。忘れてはならない、深遠には悪意が潜むことを∥下等生物に人類の躍進を阻まれてはなならいレド:敵は?≡奇襲攻撃である。しくじれば後は...
プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

*保有銘柄
【2222】寿スピリッツ
【2229】カルビー
【2294】柿安本店
【2404】鉄人化計画
【2590】ダイドードリンコ
【2702】日本マクドナルド
【2809】キユーピー
【2810】ハウス食品グループ
【2811】カゴメ
【2897】日清食品HD
【3392】デリカフーズ
【4578】大塚HD
【4816】東映アニメーション
【5185】フコク
【7832】バンダイナムコHD
【7844】マーベラス
【8267】イオン
【25935】伊藤園第一種優先株式
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
AMAZON人気書籍
ビジュアルリンク


Twitter
楽天市場
リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI