そらのおとしものf 第3話

前回智樹によって地獄を見た(エロイ意味で)アストレア。
釣りをしていた英四郎の元に落下し、再起動している最中に智樹の夢とシナプスが繋がってしまった事を口にしてしまった。
「成程、つまり智樹の夢はシナプスとやらに繋がっていて、それを危険と感じたお前達は智樹を殺すことにしたと。」
「どうしよう、再起動中にうっかり機密を喋っちゃった。」
「何とかしなきゃ、何とかしなきゃ」
「ふぁぁ…な~んて変な夢見ちゃったな」

「エンジェロイドは眠らないのではなかったのか?」
「はぁっ、そうだった。それはあれよ。」
「この空美町の上空には新大陸が浮かんでいるということだ。」
「新大陸?新大陸なんかじゃないわ、シナプス。」
「ルールというのは智樹の夢で見た椎の木の事か?」
「違うったら、文字が描いてある重要な石版。」
「ほぅ、なるほど。」
英四郎の話術に乗せられ、ベラベラと機密を喋るおバカなアストレア。
機密保持の為、英四郎を消そうと剣を振るうが前回同様攻撃は全く当たらない。
「こんなパワーアップのためだけの変身では何も生み出せない…バカだおまえは…」
アストレアからトランクスに改名した方が良いんじゃないか、と思うほどのダメッぷり。
さらのおとしもの300.
結局、勢いあまって転んだ所を縛られてしまいます。
さらのおとしもの301.
なぜか美香子会長に連絡しちゃう英四郎。
智樹を殺すというアストレアを使った何かを企み
「会長、協力するわ。」
「美香子、またそんな新しいおもちゃを見つけた様な顔をして。」
いや、長い付き合いなんだからこうなる事は分かるだろう英四郎さん。
いつもの名推理からは考えられない失態、しかも事態が悪化していくことを見てみぬ振りをするという非道っぷり。>真犯人は英四郎だ。(ビシッ)
さらのおとしもの302.
自分の近くで、自分の知人が、自分の暗殺計画をしているとはつゆ知らず、縁日にやって来た智樹とそのメス奴隷一行。
もちろん、この物語のヒロインであるニンフも一緒です。
さらのおとしもの303.
しかし、そこで待ち受けていた中ボス美香子会長。
「会長、反省したの。」
「祭りとは本来、神様をお祭りする神聖なる物。」
「だから今年は厳かに神事として相撲を行おうと思うの。」

大相撲大会という名の白いマットのジャングル
神主は何処だ、出て来いとい言わんばかりの既知外っぷり。
さらのおとしもの304.
最初は嫌がる智樹も、豪華賞金と芸者ガールとのチョメチョメ権につられて意気揚々と参戦決定。
さらのおとしもの305.
誰も見たことの無いマスクをみせてやるっ、「マスク・ド・パンツ~」
見たことがあるぞっ、既視感バリバリのマスクだ。
何を言っているのかわからねぇと思うが、変態の仮面を被った桜井智樹だ。
”いつ何時、誰の挑戦でも受ける”
とか言っている普通のプロレスラーよりも、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。
さらのおとしもの306.
さらのおとしもの307.
「秒殺だったな。」
アメリカン相撲ことプロレス試合では対戦相手が女性だと、乳に押しつぶされて、挟まれて、もみしだく。
智樹にとっては、まさに天国。
美香子会長、智樹にはキチンと脂ぎった男を当て馬にすべきだろう。
さらのおとしもの308.
で、ヒロインであるニンフさん以外の乳を揉んでゴメンナサイと土下座する智樹。
さらのおとしもの309.
さらのおとしもの310.
そして、優勝候補筆頭のイカロスさんと美香子会長。
自分より強い相手には勝ったことが無い英四郎が優勝候補なんて、論外です。
さらのおとしもの311.
「今の私なら、桜井智樹にだって勝てる。」
最強(バカという意味で)の名を欲しいままにする、モンゴルからやって来たウルフマンことアストレア。
さらのおとしもの312.
で、なぜかバカと勝手にタッグを組まされるニンフさん。
オーロラビジョンでの紹介がすごい、体重なんて虐待されてる幼児並み
「ニンフちゃんが相手なら、桜井君もきっと喜ぶわよ。」
「出てみようかな。」
智樹以外は絶賛大喜び。
さらのおとしもの313.
「えっと俺、ルール違反しましたかね?」
かませ犬のアストレアは例によって自滅。
智樹の露骨なエロ攻撃。
変態にして外道の智樹、でも反則ではない。
しかし武器を使うなどの反則をした、バカとイカロスは退場。
残ったのは主人公(オス)とヒロイン(メス)のみ。
さらのおとしもの314.
「やる気でねーよ、そんなんじゃ。」
ニンフのオッパイにやる気をなくす智樹。
さらのおとしもの315.
怒るニンフさんは必殺コブラツイストで智樹と合法的に密着ラブラブ。
さらのおとしもの316.
智樹の反撃、おっぱいタッチに恥ずかしがるニンフさん激ラブリー。
さらのおとしもの317.
「私、エンジェロイドなのに。」
「恋しちゃってる。」

乙女モードのニンフさん。
ええぇ~、智樹の何処に?
さらのおとしもの318.
さらのおとしもの319.
しかし、そんなニンフさんを放置プレイする面々
さらのおとしもの320.
「パンツの中をチェックしたいのならご自由にどうぞ。」
三頭身の変態仮面こと智樹。
どう見てもパンツが怪しく膨らんでいます。
男はみんな股間に危険なマグナムを持って、銃刀法違反だ。(自論)
まぁ、前回が前回ですので「呼んだ?」とか生理現象か?
さらのおとしもの321.
さらのおとしもの322.
さらのおとしもの323.
生理現象などではない、美香子会長のシャイニングフィンガー封じのゴマ油。
滑って掴めない、捕まらない。
さらのおとしもの324.
金網で追い込んだつもりが、逆に追い込まれた会長。
さらのおとしもの325.
そこに謎の覆面レスラーそはら登場。>あれ?
さらのおとしもの326.
フライングボディープレス。
電流とチョップの連続攻撃。
さらのおとしもの327.
とどめにアルゼンチンバックブリーカー。
背骨を砕かれた智樹。
さらのおとしもの328.
だが智樹は立ち上がれない筈の体で立ち上がる。
「い、いろんな所、流しっこ。」
火事場のエロ力発動か?
さらのおとしもの329.
「我が生涯に一片の悔い無し。」
既に事切れていた智樹。
変態界の巨星がまた一人旅立ちました。
ありがとう智樹、君の勇気を忘れない。
さらのおとしもの330.
しかし、智樹は滅んではいなかった。
この世にエロがある限り智樹は何度でもよみがえるのか?
さらのおとしもの331.
「なぁ、人は死んだらどこへ行く?」
そして、生き返った智樹はもう一度リングへと誘われる。
「もう二度と来るな、夜店のオヤジ。」
夜店のオヤジことジューダスさんにボロ雑巾にされながら、そう思う智樹。
さらのおとしもの332.
祭りの帰り道で
「好きに、なったのよ。」
何を、とまでは言わないニンフさん。
今回はヒロインであるニンフさん大活躍、美香子会長と智樹はちょっと楽しんでちょっと痛い目にあって、バカは散々な目にあった話でした。

次回もニンフがヒロインでいますように。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

萌える株主

Author:萌える株主
アニメ好きが高じて『萌え株』などへ投資し、最近では『株主優待』をメインとした銘柄の保有を増やしている。

簿記能力検定2級ファイナンシャルプランナー2級を保有。



このブログは株主優待アニメ作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

内容としては主にアニメの感想株主優待、ときどき催眠・洗脳作品についてつぶやいています。
一部年齢制限のある内容が含まれていますので御注意を。

このページはリンクフリーです。
記事の転載・引用される場合につきましても連絡は不要です。
トラックバックされた方については可能な限り返信いたします。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
最新トラックバック
ビジュアルリンク


リンク

このブログは著作権者の権利を侵害する事を目的としていません。アニメ作品のあらすじや感想・考察などを紹介する事で作品に興味・関心を持ってもらう事を目的としています。

レンタルCGI